Rchr
J-GLOBAL ID:201101057705430177   Update date: Sep. 21, 2021

Ozeki Miki

オゼキ ミキ | Ozeki Miki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Social psychology
Research keywords  (4): 産業・組織心理学 ,  社会心理学 ,  Industrial and Organizational Psychology ,  Social Psychology
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2021 - 2021 集団規範の継承に関する心理学的研究
  • 2014 - 2019 農学・バイオ・社会科学の融合研究体制を基礎とした持続的な食料供給体系の確立
  • 2015 - 集団規範の継承過程に関する心理学的研究
  • 2012 - 2015 集団アイデンティティのマルチレベル・アプローチによる研究
  • 2011 - 2012 革新指向性と精神的健康との関連
Show all
Papers (36):
  • 吉村利佐子, 尾関美喜, 酒向治子. ダンスを用いた防災教育教材が防災活動イメージに及ぼす影響. 安全教育学研究. 2021. 21. 1
  • 植松由香, 尾関美喜. ジャズの即興演奏における協同的創発. 音楽知覚認知研究. 2021. 27. 1
  • 尾関美喜. 変革型リーダーシップと自己愛傾向が集団規範継承志向性に及ぼす影響. 産業・組織心理学研究. 2020. 34. 1. 31-41
  • 尾関美喜. 集団レベルの集団アイデンティティが集団規範の基盤となる可能性-マルチレベルモデルを用いた探索的検討-. 岡山大学大学院社会文化科学研究科紀要. 2019. 48. 51-64
  • 吉原千恵子, 尾関美喜. 自他の相対化が討議の生産性に及ぼす効果. 東海心理学研究. 2019. 13. 8-21
more...
MISC (3):
  • OZEKI Miki. Change process of group norms with generational change in a small group. Okayama Economic Review. 2019. 50. 3. 39-50
  • Dobberfuhl, P. M, Kitchaya, W, Ozeki, M. Secondary effects of overseas study programs: Cultural change in Japanese professionals before and after hosting American fellows. A research report submitted to the Air Force Fellows in partial fulfillment of the graduation requirements, Air University. 2014
  • 尾関美喜. A new group process model by the development of group identity: from multilevel viewpoint. 村田学術振興財団年報. 2011. 25. 931-932
Books (5):
  • 行動政策学ハンドブック
    福村出版 2019
  • JAXA×WASEDA プロフェッショナルズ・ワークショップ2013 成果報告書
    宇宙航空研究開発機構 2014
  • APA心理学大辞典
    培風館 2013 ISBN:9784563052348
  • 体験で学ぶ社会心理学
    ナカニシヤ出版 2010 ISBN:9784779504624
  • 社会的迷惑の心理学
    ナカニシヤ出版 2009 ISBN:9784779503955
Lectures and oral presentations  (63):
  • 集団内における地位と特権意識が集団規範継承動機に及ぼす影響
    (日本社会心理学会第62回大会 2021)
  • The interactive effects of transformational leadership and Machiavellianism on generativity
    (32nd International Congress of Psychology 2021)
  • ダンスを用いた防災教育教材の開発とその効果
    (日本教育工学会2020年度秋期大会 2020)
  • 新被服行動尺度の作成
    (日本心理学会第84回大会 2020)
  • 集団アイデンティティと世代継承性が集団規範継承動機に及ぼす影響:大学生の部活動・サークル集団を対象とした検討
    (日本グループ・ダイナミックス学会第66回大会 2019)
more...
Education (6):
  • - 2009 Nagoya University
  • - 2009 Nagoya University
  • - 2006 Nagoya University
  • - 2006 Nagoya University
  • - 2004 Nagoya University Department of Human Developmental Sciences
Show all
Professional career (1):
  • Ph.D. (Nagoya University)
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 岡山大学学術研究院社会文化科学学域 准教授
  • 2018/10 - 2021/03 Okayama University Graduate School of Humanities and Social Sciences
  • 2015/04 - 2018/09 Tokyo International University School of Human and Social Sciences
  • 2011/04 - 2015/03 Waseda University Faculty of Human Sciences
  • 2011/04 - ~ Assistant Professor, Faculty of Human Science, Waseda University.
Show all
Committee career (3):
  • 2019/04 - 2021/03 日本グループ・ダイナミックス学会 編集委員
  • 2017/04 - 2018/09 日本グループ・ダイナミックス学会 関東地区理事
  • 2010 - 大学コンソーシアム石川 第6回学生意識調査ワーキンググループ分析協力者
Association Membership(s) (12):
経営行動科学学会 ,  東海心理学会 ,  産業・組織心理学会 ,  日本応用心理学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本社会心理学会 ,  Japan Association of Industrial and Organizational Psychology ,  Japan Association of Applied Psychology ,  The Japanese Association of Educational Psychology ,  The Japanese Group Dynamics Association ,  The Japanese Society of Social Psychology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page