Rchr
J-GLOBAL ID:201101058045833741   Update date: Nov. 08, 2020

Shio Takugo

シオ タクゴ | Shio Takugo
Affiliation and department:
Other affiliations (3):
Research field  (6): Cultural anthropology and folklore ,  History - Asia/Africa ,  Literature - General ,  Literature - Chinese ,  Literature - Japanese ,  Home economics, lifestyle science
Research keywords  (6): 文化交流 ,  『夷堅志』 ,  東アジア ,  肉食 ,  『太平広記』 ,  食文化
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2011 - 2014 海域交流をキーワードとした中国通俗文芸の学際的研究
  • 2007 - 2010 日中通俗文芸の体系化を目的とした先駆的研究
  • 2001 - 2004 中国宋代における消費物資の生産・流通・消費及び社会生活
Papers (30):
  • 塩 卓悟. 南宋江南的外食産業:從《夷堅志》看宋代的酒肆、茶肆、食店. 中國飲食文化. 2018. 14. 1. 179-216
  • 塩 卓悟. 從《參天台五臺山記》來看宋代的接待. 「筆記與宋人的知識建構」會議論文集. 2016. 91-105
  • 塩 卓悟. 『夷堅志』からみた宋代女性の飲食生活. 『アジア遊学』. 2015. 181. 112-120
  • 塩 卓悟. 唐宋代の夜市. 『東洋史研究』. 2014. 73. 2. 32-62
  • 塩 卓悟. 尾張徳川公の愉しみ--蓬左文庫所蔵の唐宋小説--. 静永健編『東アジア海域に漕ぎだす6 海がはぐくむ日本文化』(東京大学出版会). 2014
more...
MISC (18):
  • 塩 卓悟. (コメント)中林広一「濾過された存在としての農業・農民」. 2017年度宋代史研究会(かんぽの宿奈良). 2017
  • 塩 卓悟. 中央研究院の研究環境. 『都市文化研究』. 2015. 17. 151-152
  • 塩 卓悟. 『夷堅志』明州関連記事訳注稿」(下). 『高知県立大学文化論叢』. 2014. 2. 21-41
  • 塩 卓悟. 中国の民衆は何を食べてきたのか?-中林広一『中国日常食史の研究』-. 『東方』. 2013. 388. 29-33
  • 塩 卓悟. 『夷堅志』明州関連記事訳注稿(中). 『高知県立大学文化論叢』. 2013. 創刊号. 21-35
more...
Books (5):
  • 静永健編『東アジア海域に漕ぎだす6 海がはぐくむ日本文化』
    東京大学出版会 2014
  • 勝山稔編『小説・芸能から見た海域交流』
    汲古書院 2010
  • 『宋代中国の相対化』
    汲古書院 2009
  • 『訳注太平広記婦人部』
    汲古書院 2004 ISBN:4762927279
  • 伊原弘編『「清明上河図」を読む』
    勉誠出版 2003
Lectures and oral presentations  (49):
  • すしと日本人
    (山一公民館講座(山一公民館) 2018)
  • 宋代における家庭内の飲食
    (第205回宋代史談話会(大阪市立大学) 2018)
  • 高校歴史教育における飲食史の可能性--宋代を中心に--
    (総合歴史教育研究会例会(京都学園高校) 2017)
  • 從《參天台五臺山記》來看宋代的接待
    (第二屆宋遼西夏金元史的日中青年學者的交流會(大阪市立大学) 2017)
  • 東アジアの夜市文化--中国における夜市の成立と発展--
    (道教に親しむ会例会(大阪中国語学院) 2017)
more...
Education (3):
  • 1996 - 2001 関西大学大学院博士課程後期課程 史学専攻東洋史専修
  • 1993 - 1996 関西大学大学院博士課程前期課程 史学専攻東洋史専修
  • 1988 - 1993 Kansai University
Professional career (1):
  • 博士(文学) (関西大学)
Work history (10):
  • 2018/04 - 現在 Kindai University
  • 2017/04 - 現在 Kobe College
  • 2016/04 - 現在 Tezukayama University
  • 2012/01 - 現在 大阪市立大学都市文化研究センター 研究員
  • 2016/04 - 2018/03 Osaka City University
Show all
Awards (1):
  • 2004 - 財団法人三島海雲記念財団平成16年度学術奨励賞
Association Membership(s) (7):
広島中国学学会 ,  宋代史研究会 ,  中国古典小説研究会 ,  関西大学史学・地理学会 ,  THE JAPANESE HISTORICAL COUNCIL ,  ASSOCIATION FOR STUDIES OF CHINESE SOCIETY AND CULTURE ,  THE INSTITUTE OF EASTERN CULTURE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page