Rchr
J-GLOBAL ID:201101058793512737   Update date: Oct. 10, 2020

Yokoyama Taro

ヨコヤマ タロウ | Yokoyama Taro
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (4): History of thought ,  Literature - Japanese ,  Aesthetic practices ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (9): ,  芸能 ,  身体 ,  演劇 ,  能楽 ,  表象文化論 ,  日本文学 ,  データベース ,  デジタルアーカイブ
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2016 - 2020 能楽及び能楽研究の国際的定位と新たな参照標準確立のための基盤研究
  • 2014 - 2019 観世家のアーカイブの形成と室町期能楽の新研究
  • 2014 - 2016 現代能楽における「型」継承の動態把握--比較演劇的視点から
  • 2010 - 2013 観世文庫所蔵能楽関係資料のデジタル・アーカイブを活用した新しい能楽史の構築
  • 2006 - 2009 観世文庫所蔵能楽関係資料のデジタル画像化と解題目録作成に向けた総合的研究
Papers (21):
  • 横山太郎. 「現代思想」と能--1970〜80年代を中心に. 松岡心平編『中世に架ける橋』森話社. 2020. 303-332
  • 横山 太郎. 演劇的フィクションの構造--能の語りをめぐって. 『早稲田文学』. 2017. 2017年春号. 71-77
  • 横山 太郎. 民衆化の行方--「伝統芸能」以前の大正能楽. 宮本圭造編『近代日本と能楽』野上記念法政大学能楽研究所. 2017. 119-131
  • 横山 太郎. 亡霊の話法--能と現代演劇における語り. 『viewpoint』. 2016. 77. 1-5
  • 横山 太郎. わざ継承の学を構想する--能楽の技法を中心とする学際的な研究のために. 『能楽研究』. 2016. 37. 161-174
more...
MISC (41):
  • 横山太郎. 【講演録】わざの記憶と型. 鞍田崇、横山太郎、大山載吉『公開講演会「記憶をめぐってーカタの記憶/モノの記憶ー」』. 2020. 16-27
  • 【特集監修】『Assembly』4号 特集「古典のダイナムズム」. Assembly. 2019. 4
  • 横山 太郎. 【批評】 能であることの先へ--ミュンヘン・カンマーシュピーレ『NŌ THEATER』. 『ASSEMBLY(アセンブリー)』. 2019. 3. 43-47
  • 横山 太郎. 【研究エッセイ】 『蟻通』の小書「故実」について. 観世会二月定期能公演パンフレット. 2019
  • 横山 太郎. 【資料紹介】 身構えの人体図(観世文庫の文書115). 観世. 2018. 85. 10
more...
Books (3):
  • アジアの文化芸術(아시아의 문화예술)
    大邱大学出版部 2011 ISBN:9788977945616
  • 『NHK 日本の伝統芸能』(平成19年度放送テキスト)
    NHK出版 2007
  • 松岡心平編『能って、何?』
    新書館 2000
Lectures and oral presentations  (69):
  • 【講演】カタの記憶 わざの伝承をめぐって
    (公開講演会/シンポジウム『記憶をめぐって カタの記憶/モノの記憶』 於立教大学 2019)
  • 【講座】能の身体・狂言の身体
    (あぜくらの夕べ 於国立能楽堂 2019)
  • 【講座】古典芸能レクチャー 能・狂言編
    (演劇ラボラトリー 木ノ下歌舞伎プロジェクト公開講座 於AI HALL(伊丹市演劇ホール) 2019)
  • 【研究発表】「橋の会」前夜--能と現代芸術・現代思想
    (能楽学会4月例会 於法政大学 2019)
  • Repression of Free Acting in Noh: Media that Describe Kata (patterns) in Modern Times
    (Creation, Preservation, and Transformation of Theatre Traditions: East and West at Tel Aviv University in Tel Aviv, Israel 2018)
more...
Works (1):
  • Kanze Archive
    2009 - 現在
Education (3):
  • 1999 - 2002 東京大学大学院 超域文化科学専攻(表象文化論コース) 博士課程単位取得満期退学
  • 1997 - 1999 東京大学大学院 超域文化科学専攻(表象文化論コース) 修士課程
  • 1991 - 1996 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 博士(学術) (東京大学)
Work history (10):
  • 2019/04 - 現在 Rikkyo University Department of Expression Studies, College of Contemporary Psychology
  • 2018/04 - 現在 Gakushuin Women's College Faculty of Intercultural Studies Gakushuin Women's College
  • 2018/04 - 現在 Gakushuin University
  • 2017/04 - 現在 Hosei University
  • 2018/04 - 2019/03 Atomi University Faculty of Letters
Show all
Committee career (8):
  • 2018/05 - 現在 文化庁 文化庁芸術祭審査委員(演劇部門)
  • 2016/05 - 現在 能楽学会 常任委員
  • 2015/04 - 現在 横浜市 横浜市久良岐能舞台指定管理者選定評価委員会 委員長
  • 2014/03 - 現在 横浜市 横浜能楽堂指定管理者選定評価委員会委員長
  • 2013/08 - 現在 一般財団法人観世文庫 評議員
Show all
Association Membership(s) (5):
European Association for Japanese Studies ,  Association Internationale des Critiques de Theatre ,  JAPANESE SOCIETY FOR THEATRE RESEARCH ,  能楽学会 ,  表象文化論学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page