Rchr
J-GLOBAL ID:201101060677761252   Update date: Sep. 03, 2020

Nakagawa Yoshinao

ナカガワ ヨシナオ | Nakagawa Yoshinao
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/de74aaf71bb1a76ef28d545011b2229e.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/de74aaf71bb1a76ef28d545011b2229e.html
Research field  (2): Green/sustainable/environmental chemistry ,  Functional solid-state chemistry
Research keywords  (2): Redox ,  Catalysis
Papers (156):
MISC (28):
more...
Patents (8):
  • テトラヒドロフラン化合物の製造方法、並びに水素化触媒及びその製造方法
  • プロパンジオールの製造方法
  • 1,4-アンヒドロエリスリトールの水素化分解物の製造方法
  • エリスリトールの水素化分解物の製造方法
  • ポリオールの水素化分解物の製造方法
more...
Lectures and oral presentations  (30):
  • ReOx/CeO2とReOx/Cの混合触媒による1,4-アンヒド ロエリスリトールから1,4-ブタンジオールのワンポット合成
    (第125回触媒討論会 2020)
  • Demethoxylation of hydrogenated guaiacol in the absence of external hydrogen
    (5th International Congress on Catalysis for Biorefineries 2019 (CatBior V) 2019)
  • Pt-Pd触媒によるアルキルフェノールの側鎖酸化
    (第51回酸化反応討論会 2018)
  • ReOx-Au/CeO2 触媒による脱酸素脱水反応
    (第121回触媒討論会 2018)
  • 白金-バナジウム-炭素触媒によるジオールおよびケトールの酸素酸化
    (第50回酸化反応討論会 2017)
more...
Education (2):
  • - 2005 The University of Tokyo Department of Applied Chemistry
  • - 2000 The University of Tokyo 応用化学科
Professional career (1):
  • 博士(工学) (The University of Tokyo)
Awards (3):
  • 2019/06 - 公益社団法人新化学技術推進協会 第18回グリーン・サステイナブル ケミストリー賞奨励賞 未利用バイオマス資源を原料とするバイオ増炭+触媒脱酸素によるC4化成品合成
  • 2016/05/22 - 公益社団法人石油学会 石油学会奨励賞 バイオマス由来フラン化合物の水素化用複合金属触媒に関する研究
  • 2014/03/26 - 一般社団法人触媒学会 触媒学会奨励賞 C-O結合直接水素化分解用Re修飾Ir触媒の開発
Association Membership(s) (3):
石油学会 ,  触媒学会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page