Rchr
J-GLOBAL ID:201101061668338769   Update date: Jun. 07, 2021

Kojima Mitsutoshi

コジマ ミツトシ | Kojima Mitsutoshi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Safety engineering ,  Social systems engineering
Research keywords  (3): Just-In-Time ,  Engineering Economy ,  -Production Management
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2017 - 現在 各種社会システムの総合的経営診断
  • 2008 - 現在 環境適応型社会システムの研究
  • 1991 - 現在 ジャストインタイム生産方式の性能評価と革新
  • 2005 - 2019 混合品種組立ラインの最適設計と最適運用
  • 2017 - 2018 商品の量産設備・生産工程における生産効率の向上
Papers (42):
  • Takayoshi Tamura, Xingfu Wei, Mitsutoshi Kojima. Business Structure and Financial Performance of Real Estate Enterprises Listed in Tokyo Stock Market. The Journal of Japan Management Diagnosis Association. 2020. 19. 29-35
  • Mitsutohi KOJIMA. Study on Construction of Linear Chuo Shinkansen via Centrair. 2019. 77-80
  • Takayoshi TAMURA, Mitsutoshi KOJIMA. Effectiveness of IoT on business of manufacturing enterprise and its management diagnosis. 2018. 17. 62-68
  • Mitsutoshi Kojima, Takayoshi Tamura. Study on Distribution of Tax Revenue in Consideration of Population Movement. 2018. 17. 94-99
  • 小島貢利, 田村隆善. JIT視点による原子力発電の有効性に関する一考察. 日本経営診断学会第51回全国大会報告要旨集. 2018. 107-110
more...
MISC (2):
Books (2):
  • 新版 生産管理システム
    朝倉書店 2012 ISBN:9784254270181
  • ジャストインタイム生産システム
    日刊工業新聞社 2004 ISBN:4526052752
Lectures and oral presentations  (25):
  • JIT視点による原子力発電の特徴に関する一考察
    (日本経営工学会2020年秋季大会 2020)
  • Study on Construction of Linear Chuo Shinkansen via Centrair
    (2019)
  • JIT視点による原子力発電の有効性に関する一考察
    (日本経営診断学会第51回全国大会 2018)
  • 日本の上場不動産企業の事業構造と収益性
    (日本経営診断学会第51回全国大会 2018)
  • 移動体のミスト散布による空気環境の向上
    (名工大テクノフェア2017 2017)
more...
Committee career (6):
  • 2020/05 - 現在 JIS生産管理用語改正委員会 委員
  • 2019/06/01 - 現在 研究担当理事
  • 2016/04/01 - 2018/03/31 生産物流研究部門「移転価格を考慮したグローバル生産システムに関する研究プロジェクト」主査
  • 2016/04/01 - 2017/03/31 院生表彰委員会委員
  • 2014/11 - 2015/12 第6回横幹連合コンファレンスプログラム委員
Show all
Association Membership(s) (1):
JIS生産管理用語改正委員会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page