Rchr
J-GLOBAL ID:201101062062225353   Update date: Jan. 20, 2021

Nakai Nobuhiro

Nakai Nobuhiro
Affiliation and department:
Job title: 特命助教
Research field  (1): Neuroscience - general
Research keywords  (5): 脳機能ネットワーク ,  バーチャルリアリティ ,  E/Iバランス ,  セロトニン ,  自閉症
Papers (16):
  • Isamu Miura, Masaaki Sato, Eric T. N. Overton, Nobuo Kunori, Junichi Nakai, Takakazu Kawamata, Nobuhiro Nakai, Toru Takumi. Encoding of social exploration by neural ensembles in the insular cortex. PLOS Biology. 2020. 18. 9. e3000584-e3000584
  • Miura I, Overton ETN, Nakai N, Kawamata T, Sato M, Takumi T. Imaging the neural circuit basis of social behavior: insights from mouse and human studies. Neurol. Med. Chir (Tokyo). 2020. in press
  • Dian Eurike Septyaningtrias, Chia-Wen Lin, Rika Ouchida, Nobuhiro Nakai, Wataru Suda, Masahira Hattori, Hidetoshi Morita, Kenya Honda, Kota Tamada, Toru Takumi. Altered microbiota composition reflects enhanced communication in 15q11-13 CNV mice. Neuroscience research. 2019
  • Takumi T, Tamada K, Hatanaka F, Nakai N, Bolton PF. Behavioral neuroscience of autism. Neuroscience and biobehavioral reviews. 2019
  • Nobuhiro Nakai, Toru Takumi. Molecular mechanism in autism spectrum disorder. Journal of Japanese Biochemical Society. 2018. 90. 4. 462-477
more...
MISC (3):
  • 石井宏茂, 中井信裕, 坪井貴司, 内匠透. マウスを用いた自閉症の研究. 分子精神医学. 2016. 16. 19-24
  • 玉田紘太, 友永省三, 畠中史幸, 中井信裕, 内匠透. 自閉症責任領域であるヒト染色体15q11-13領域重複マウスの解析. 日本神経科学学会. 2011
  • Kota Tamada, Shozo Tomonaga, Fumiyuki Hatanaka, Nobuhiro Nakai, Toru Takumi. Analysis of chromosome engineered mouse model of 15q duplication. NEUROSCIENCE RESEARCH. 2011. 71. E75-E76
Books (4):
  • 自閉症の生物学 監修: 内匠 透
    細胞工学 2015
  • Optogenetics
    Springer Japan 2015
  • オプトジェネティクス-光工学と遺伝学による行動制御技術の最前線-
    エヌ・ティー・エス 2013
  • 疾患モデルマウス表現型解析指南 山村研一、若菜茂晴編
    中山書店 2011
Lectures and oral presentations  (13):
  • Cortical network dynamics reflect transitions between locomotor states in head-fixed mice in a virtual reality system
    (Neuroscience 2019 2019)
  • 自閉症モデルマウスにおけるセロトニンと脳機能発達
    (令和元年度生理研研究会 情動研究会 2019)
  • Development of a virtual reality system for analysis of behavior state-dependent cortical network dynamics in mice
    (The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society 2019)
  • 行動状態に基づく脳機能ネットワーク解析のためのマウス用バーチャルリアリティシステム
    (立命館大学システム視覚科学研究センターセミナー 2019)
  • 脳機能解析のためのマウス行動課題用バーチャルリアリティシステム開発
    (平成30年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成 先端モデル動物支援プラットフォーム 2019)
more...
Education (2):
  • 2007 - 2013 京都大学院 生命科学研究科 研究指導認定退学
  • 2003 - 2007 Kindai University
Professional career (1):
  • 博士(生命科学) (京都大学)
Work history (6):
  • 2020/04 - 現在 神戸大学大学院医学研究科 生理学分野 特命助教
  • 2018/04 - 2020/03 理化学研究所 脳神経科学研究センター 研究員
  • 2013/04 - 2018/03 理化学研究所 脳科学総合研究センター リサーチアソシエイト
  • 2013/01 - 2013/10 Weizmann Institute of Science Neurobiology
  • 2009/04 - 2013/03 京都大学院生命科学研究科博士課程 (広島大学院医歯薬学総合研究科統合バイオ)
Show all
Awards (2):
  • 2019/02 - 平成30年度文部科学省新学術領域研究 学術研究支援基盤形成 先端モデル動物支援プラットフォーム 優秀ポスター賞
  • 2017 - 日本神経科学学会 JNS-SfN Exchange Travel Award
Association Membership(s) (2):
Society for Neuroscience ,  THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page