Rchr
J-GLOBAL ID:201101066001740510   Update date: Aug. 27, 2020

KASHIWAGI Kimikazu

カシワギ キミカズ | KASHIWAGI Kimikazu
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Basic nursing
Research keywords  (16): 看護実践用語分類 ,  有害事象 ,  看護診断 ,  電子カルテの有用性 ,  看護支援システム ,  看護用語 ,  電子カルテ稼働状況 ,  電子カルテシステム ,  NANDA看護診断分類法 ,  オントロジー ,  看護記録 ,  看護師の思考過程 ,  全国葉書調査 ,  看護学 ,  看護成果分類法 ,  看護介入分類法
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2008 - 2010 国際医療用語集を日本語で利用するための知識ベースの開発
  • 2007 - 2010 Investigation of Development of the Computerized the Nursing Support System for Quality Improvement in Nursing Practice
  • 2006 - 2007 電子カルテから有害事象を検出するためのオントロジー構築とその評価
  • 2004 - 2006 Investigation about survey of state which was the terminology classification of nursing practice, and development of model which was constructed for nursing support system in computerized medical records
Papers (24):
MISC (21):
Books (12):
  • NANDA-I看護診断: 定義と分類 2012-2014
    医学書院 2012 ISBN:4260015575
  • 看護管理学習テキスト 第7巻 看護制度・政策論 第2版
    日本看護協会出版会 2012 ISBN:4818015679
  • 看護管理学習テキスト 第5巻 看護情報管理論 第2版
    日本看護協会出版会 2012 ISBN:4818016659
  • 看護管理学
    建帛社 2007 ISBN:4767934028
  • 看護と情報科学
    杏林図書 2006 ISBN:4903453022
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • 情報システム導入・更新と 業務プロセスの深くて 悩ましい関係について
    (第13回日本医療情報学会看護学術大会 2012)
  • 看護記録の理想と現実
    (第13回日本医療情報学会看護学術大会 2012)
  • システムを共通理解するための取り組み~画面名称・機能の名称の統一~
    (第13回日本医療情報学会看護学術大会 2012)
  • 看護支援システムを使用する多施設の看護計画分類 -ドナベディアン・モデルの活用-
    (第13回日本医療情報学会看護学術大会 2012)
  • 点滴注射業務におけるワークフローの分析
    (第16回 日本医療情報学会春季学術大会 2012)
more...
Professional career (1):
  • M.S.N (University of Tokyo)
Committee career (5):
  • 2010/07 - 現在 日本看護診断学会 評議員・用語検討委員会
  • 2010/07 - 現在 日本看護研究学会 評議員
  • 2010/04 - 現在 日本看護管理学会 理事・編集委員会
  • 2002/04 - 現在 日本医療情報学会 評議員・看護部会幹事
  • 1999/08 - 現在 国際標準化機構 ISO TC215 WG 3 専門委員
Association Membership(s) (10):
日本診療情報管理学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本医療マネジメント学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本看護教育学会 ,  日本看護研究学会 ,  American Medical Informatics Association ,  日本看護診断学会 ,  日本看護管理学会 ,  日本医療情報学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page