Rchr
J-GLOBAL ID:201101083038378464   Update date: Oct. 24, 2021

Kawahara Hiroyuki

カワハラ ヒロユキ | Kawahara Hiroyuki
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70291151
Research field  (4): Molecular biology ,  Functional biochemistry ,  Cell biology ,  Structural biochemistry
Research keywords  (27): 抗原提示 ,  BAT3 ,  Scythe ,  BAG6 ,  プロテアソーム ,  ユビキチン ,  細胞増殖 ,  ユビキチンレセプター ,  蛋白質分解 ,  細胞周期 ,  線虫 ,  アポトーシス ,  シャペロン ,  基質識別 ,  蛋白質 ,  細胞内蛋白質分解 ,  Rpn10 ,  zinc-finger ,  リガーゼ ,  初期発生 ,  分解 ,  mRNA代謝 ,  蛋白質分解系 ,  減数分裂 ,  分化 ,  CCCH型蛋白質 ,  ユビキチン様蛋白質
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2020 - 2024 プレエンプティヴ品質管理を介した低分子量Gタンパク質の新しい制御機構とその意義
  • 2019 - 2023 ケモテクノロジーを活用したプレエンプティヴ経路特異的Ubデコーダーの標的識別機構
  • 2017 - 2020 プレエンプティブ品質管理を介した不良タンパク質のサーベイランスとその意義
  • 2019 - Pre-emptive protein quality control and diseases.
  • 2017 - 2019 品質管理を介した疾患防御の新原理
Show all
Papers (47):
more...
MISC (11):
  • 川原 裕之. プレエンプティブ品質管理を介した不良タンパク質のサーベイランスとその意義. 月刊「細胞」. 2021. 53. 179-181
  • Kawahara, H, Minami, S, Miyauchi, M, Takahashi, T. Mini-review: Pre-emptive protein quality control system. Seikagaku. 2020. 92. 2. 1-6
  • Hiroyuki Kawahara. Pre-emptive Protein quality control. 2019
  • 野口あや, 横田直人, 足達俊吾, 夏目徹, 川原裕之. RNA結合タンパク質ZFP36L2は新規DNA障害応答因子である. 日本生化学会大会(Web). 2017. 90th
  • Hiroyuki Kawahara. Ubiquitin-mediated protein quality control and diseases. The World of UBIQUITIN. 2015. 3
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • BAG6 regulates cytoplasmic pool of Rab family small GTPases
    (The 41st Annual Meeting of the Molecular Biology Society of Japan 2018)
  • BAG6複合体による新しい新合成ポリペプチドの品質管理機構
    (第86回日本生化学会 シンポジウム 2013)
  • BAG6 is essential for selective elimination of aggregation-prone defective proteins
    (35th Naito Conference 2013)
  • BAG6-プロテアソーム複合体を介した易凝集性タンパク質の品質管理
    (第85回日本生化学会 シンポジウム 2012)
  • 易凝集性タンパク質の品質管理におけるBAG6複合体の役割
    (第12回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ 2012)
more...
Education (3):
  • 1994 - 1996 ロンドン大学ユニバーシティーカレッジ 博士研究員
  • 1989 - 1994 Hokkaido University
  • 1985 - 1989 Hokkaido University
Professional career (1):
  • 博士(薬学) (北海道大学)
Work history (6):
  • 2020/04 - 現在 Tokyo Metropolitan University Faculty of Science Professor
  • 2017/04 - Tokyo Metropolitan University International Center Director of the International Student Division
  • 2008/04 - Tokyo Metropolitan University Graduate School of Science and Engineering
  • 2002/10 - 北海道大学大学院薬学研究科 助教授・准教授
  • 1998/04 - The University of Tokyo Institute of Molecular and Cellular Biosciences
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page