Rchr
J-GLOBAL ID:201101087961244026   Update date: Sep. 01, 2020

yamawaki shigeto

ヤマワキ シゲト | yamawaki shigeto
Affiliation and department:
Job title: 特任教授
Research field  (2): Basic brain sciences ,  Psychiatry
Research keywords  (32): 包括脳ネットワーク ,  統合脳・脳の高次機能学 ,  前頭前野 ,  前頭葉機能低下 ,  家族機能 ,  母子分離 ,  細胞内カルシウム ,  免疫 ,  発達心理学 ,  双極性障害神経可塑性神経可塑性 ,  カルシウム拮抗薬 ,  精神症状 ,  養育環境 ,  アパシー ,  母子分離動物モデル ,  認知的リハビリテーション ,  PTSD ,  fMRI ,  精神免疫 ,  がん ,  不安・抑うつ ,  うつ病 ,  ストレス脆弱性 ,  QOL ,  抗うつ薬 ,  精神医学的介入 ,  がん患者 ,  動物モデル ,  衝動性 ,  コーピング ,  セロトニン ,  感情障害
Research theme for competitive and other funds  (25):
  • 2013 - 2019 老年期うつ病の神経回路異常とその分子病態に関する研究
  • 2011 - 2016 うつ病の神経回路-分子病態に解明とそれに基づく診断・治療法の開発
  • 2006 - 2009 うつ病の難治化予測に関する生物・心理・社会的統合研究
  • 2006 - 2009 難治性うつ病の治療反応性予測と客観的診断法に関する生物・心理・社会的統合研究
  • 2008 - 2009 クロマチン・リモデニングからみた新たなうつ病の病態解明と治療法開発の糸口発見
Show all
Papers (389):
more...
MISC (1,125):
Books (74):
  • 情動の仕組みとその異常
    朝倉書店 2015 ISBN:9784254106923
  • 今日の治療指針2015年版
    医学書院 2015
  • 今日の治療指針2014年版
    医学書院 2014
  • 今日の治療指針2013年版
    医学書院 2013
  • 気分障害研究の展望と今後の戦略
    医薬ジャーナル社 2012
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 2型糖尿病患者の血糖コントロールに関連する心理・社会的要因(第5報) 家族機能による治療遵守不良の予測
    (第58回日本糖尿病学会 2015)
Work history (12):
  • 2020/04 - 現在 International Affectome Research Center(iARC) Special-appointed Professor
  • 2018/10 - 2020/03 Hiroshima University Center for Brain, Mind and Kansei Sciences Research (BMK Center) Director Special Appointed Professor
  • 2017/04 - 2018/09 Hiroshima University, Graduate School of Biomedical & Health Sciences Special Appointed Professor
  • 2012/04 - 2017/03 Hiroshima University, Graduate School of Biomedical & Health Sciences Psychiatry and Neurosciences, Professor
  • 2002/04 - 2012/03 Hiroshima University, Graduate School of Biomedical Sciences Psychiatry and Neurosciences, Professor
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page