Rchr
J-GLOBAL ID:201101091953634149   Update date: Aug. 19, 2021

Iguchi Takashi

イグチ タカシ | Iguchi Takashi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): https://job.kiracare.jp/note/article/15874/
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (5): 支援 ,  社会調査 ,  フィールドワーク ,  医療社会学 ,  認知症ケア
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2020 - 2023 地域共生社会における「意思」と「主張」をめぐる人びとの「支援実践」の領域横断研究
  • 2017 - 2020 認知症概念の変容・浸透が支援実践に及ぼす効果に関する社会学的研究
  • 2015 - 2019 「老成学」の基盤構築ー<媒介的共助>による持続可能社会をめざして
  • 2013 - 2017 認知症ケアの臨床・歴史社会学とケア概念の再構成
  • 2015 - 2016 障害のある人から学ぶまちづくり共同研究-障害のあるリサーチャーおよび学生サポーターの育成
Show all
Papers (25):
  • 井口 高志. 認知症との共生の社会学 : 予防と備えの対比から考える (特集 人権と共生社会). 老年精神医学雑誌. 2021. 32. 2. 215-221
  • 井口 高志. ポスト診断時代における認知症の社会学の課題. 家族研究年報. 2019. 44. 23-42
  • IGUCHI Takashi. How has the new image of people with dementia emerged in Japan? : An analysis of TV documentary programs in the NHK data archives. Nara Women's University Sociological Studies. 2019. 26. 84-98
  • 井口 高志. 認知症ケアにおける地域の意義--認知症の人の一貫性の維持と緩和に注目して. 保健医療社会学論集. 2019. 29. 2. 27-34
  • 井口 高志, 森口弘美, 太田啓子, 阪東俊忠. 障害者と大学生との協働ワークショップが家庭科教育に提起するもの. 教育システム研究. 2018. 13. 295-307
more...
MISC (42):
  • 井口 高志. 新幹線はいちばんはやい? (特集 電車、バス、飛行機) -- (電車). 支援. 2021. 11. 128-134
  • 鈴木 雄, 井口 高志, 岩永 理恵, 土屋 葉. 移動という自由を得る難しさ (特集 電車、バス、飛行機) -- (バス). 支援. 2021. 11. 155-161
  • 井口 高志. デザインの門を恐る恐るくぐってみると......[『デザインから考える障害者福祉 : ミシンと砂時計』海老田大五朗著] : ブックガイド. 支援. 2021. 11. 226-228
  • 井口 高志. 書評 木下衆著『家族はなぜ介護してしまうのか : 認知症の社会学』. ソシオロジ. 2020. 65. 2. 126-134
  • 井口 高志. ケアできない「原罪」 : 家事・育児をめぐる煩悶とこの一〇年 (特集 シノゴノの一〇年 : 『支援』一〇号、そして次へ). 支援. 2020. 10. 4-22
more...
Books (34):
  • 「当事者宣言」の社会学 : 言葉とカテゴリー
    東信堂 2021 ISBN:9784798916545
  • よくわかる福祉社会学
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:9784623089734
  • 『認知症社会の希望はいかにひらかれるのか:ケア実践と本人の声をめぐる社会学的探究』
    晃洋書房 2020
  • 『よくわかる家族社会学』
    2019
  • 『ジェンダーで問い直す暮らしと文化:新しい生活文化学への挑戦』
    2019
more...
Lectures and oral presentations  (56):
  • Dementia in Japan: How it Has Been Understood and How this Paradigm is Changing
    (UTokyo-NTU Joint Conference, Care and Migration in Japan and Taiwan, in The University of Tokyo Hongo campus. 2019)
  • 「拡散する家族介護」への支援を考える
    (第26回多文化間精神医学会(龍谷大学深草キャンパス) 2019)
  • 認知症ケア・医療の社会学的観察と実践
    (第20回日本認知症ケア学会(京都国際会館) 2019)
  • 認知症の「本人」の登場はいかになされ、何をもたらすのか?: 認知症の人たちの「当事者宣言」が拓く課題
    (認知症当事者勉強会 2019)
  • 認知症経験の変容と相互行為-ポスト診断時代の社会学的課題
    (2018年度第4回 ケアの人類学研究会 2018)
more...
Works (4):
  • 障害のある人から学ぶまちづくり共同研究-障害のあるリサーチャーおよび学生サポーターの育成
    2015 - 2016
  • 描かないと福島が潰される--端野洋子さん(漫画家)に聞く
    2015 - 2016
  • 「みんなが行きたくなるカフェってどんなカフェ?」での連続5回のワークショップ・調査実施・最終報告会
    2015 - 2016
  • 大学広報の研究-ニーズ把握からコンテンツ構築・発信まで-(代表:小川伸彦)
    2014 - 2015
Education (3):
  • 2000 - 2003 The University of Tokyo
  • - 2003 The University of Tokyo
  • 1998 - 2000 東京大学大学院
Work history (5):
  • 2018/10 - 現在 東京大学大学院 人文社会系研究科
  • 2011/05 - 2018/09 Nara Women's University Faculty of Human Life and Environment, Department of Culture and Humanities
  • 2007/04 - 2011/05 Shinshu University School of Medicine, Department of Health Sciences
  • 2006/04 - 2007/03 Ochanomizu University Faculty of Letters and Education
  • 2003/04 - 2006/03 日本学術振興会特別研究員
Committee career (24):
  • 2019/10 - 現在 関西社会学会 専門委員
  • 2017/05 - 現在 日本保健医療社会学会 評議員
  • 2021/07 - 2023/06 福祉社会学会 理事(副事務局長)
  • 2021/05 - 2023/05 日本保健医療社会学会 理事(学会誌編集委員長)
  • 2021/08 - 2022/03 日本医療政策機構 「健康長寿時代の介護システムの構築に向けた『介護』の再定義」タスクフォースメンバー
Show all
Awards (1):
  • 2021/07 - 福祉社会学会 第6回福祉社会学会学術賞 『認知症社会の希望はいかにひらかれるのか:ケア実践と当事者の声をめぐる社会学的探求』 http://www.jws-assoc.jp/prize.html
Association Membership(s) (12):
日本社会学会 ,  関東社会学会 ,  日本家族社会学会 ,  日本保健医療社会学会 ,  日本社会福祉学会 ,  福祉社会学会 ,  障害学会 ,  関西社会学会 ,  International Sociological Association ,  社会調査協会『社会と調査』 ,  日本看護科学学会 ,  International Sociological Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page