Rchr
J-GLOBAL ID:201101094043232038   Update date: Apr. 11, 2021

Asada Minoru

Asada Minoru
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://www.er.ams.eng.osaka-u.ac.jp/
Research field  (4): Mechanics and mechatronics ,  Intelligent robotics ,  Perceptual information processing ,  Robotics and intelligent systems
Research keywords  (1): 包括脳ネットワーク
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2011 - 非意識下プロセスにおけるワーキングメモリの脳内機構:意識下と麻酔下との比較
  • 2008 - 次世代ロボット分野でのイノベーション型製造中核人材育成事業
  • 2006 - JST浅田共創知能プロジェクト
  • 2006 - 環境一体型ロボットシステムにおける知的情報処理の研究
  • 2006 - 科学研究費基盤研究(A) 自己/他者運動写像空間によるマルチヒューマノイドの協調・競合行動の学習戦略
Show all
Papers (311):
MISC (151):
Patents (1):
  • A feature extraction system and a feature extraction method
Books (37):
  • Minoru Asada's Philosophy of AI research from past to future ー What mind may AI have?
    2020
  • Cognitive Neuroscience Robotics A: Synthetic Approaches to Human Understanding
    Springer 2016 ISBN:9784431545941
  • Throwing Skill Optimization through Synchronization and Desynchronization of Degree of Freedom
    Springer 2013 ISBN:9783642392498
  • ロボットいう思想 脳と知能の謎に挑む
    NHKブックス 1158 「ロボットという思想 脳と知能の謎に挑む」NHK出版 2010
  • 「ベビーサイエンス ターゲット論文 川田学『食の中の模倣過程と自他関係の形成』」に対するコメント-食環境は、自己他者概念創発から社会性獲得にいたる発達の場-
    ベビーサイエンス Vol.9, p.38-39, 日本赤ちゃん学会 2010 2010
more...
Works (6):
  • 視覚の脳型情報処理
    2001 -
  • Study on the emergenc of language and behavior based on a constructive approach from a viewpoint of cognitive development
    2001 -
  • Visual Information Processing Inspired by Brain Science
    2001 -
  • 認知発達的視点からの構成論的アプローチによる言語と行動の発現に関する研究
    2001 -
  • Study on Behaviors emerged by the interaction between a robot with many DOFS and multi modal perception and its environment
    2000 -
more...
Education (4):
  • - 1982 Osaka University
  • - 1982 Osaka University
  • - 1977 Osaka University
  • - 1977 Osaka University
Professional career (1):
  • (BLANK)
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 International Professional University of Technology in Osaka vice-president
  • 2019/04/01 - 現在 Osaka University Institute for Open and Transdisciplinary Research Initiatives Specially Appointed Professor
  • 1997/04 - 現在 大阪大学大学院工学研究科教授
  • 2005/04/01 - 2019/03/31 Osaka University Graduate School of Engineering Department of Adaptive Machine Systems Professor
  • 1998/04/01 - 2005/03/31 Osaka University Graduate School of Engineering Professor
Show all
Committee career (5):
  • 2003 - 日本機械学会 フェロー
  • 2002 - 日本赤ちゃん学会 理事
  • 1997 - 人工知能学会 理事
  • 1996 - 日本ロボット学会 理事
  • 1992 - 日本ロボット学会 評議員
Awards (24):
  • 2014/11 - 日本認知科学会第31回大会 大会発表賞
  • 2013/06 - 人工知能学会 研究会優秀賞
  • 2013/05 - ロボカップ日本委員会 ロボカップ研究賞
  • 2012/05 - 第35回人工知能学会 AIチャレンジ研究会 人工知能学会賞
  • 2008/11 - 財団法人日本産業デザイン振興会 グッドデザイン賞
Show all
Association Membership(s) (15):
日本子ども学会 ,  AAAI ,  IEEE CS ,  IEEE SMC ,  IEEE R&A ,  システム情報制御学会 ,  計測自動制御学会 ,  システム制御情報学会 ,  情報処理学会 ,  電子情報通信学会 ,  The Japanese Society of Baby Science ,  日本機械学会 ,  人工知能学会 ,  米国電気電子工学会(IEEE) ,  日本ロボット学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page