Rchr
J-GLOBAL ID:201101098258929698   Update date: Sep. 07, 2021

Sato Atsushi

サトウ アツシ | Sato Atsushi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Building structures and materials
Research keywords  (1): Structural Engineering
Research theme for competitive and other funds  (43):
  • 2015 - 現在 圧縮軸力と曲げモーメントを受ける鋼柱の力学的挙動
  • 2014 - 現在 乾式接合を用いた構造システムの開発
  • 2011 - 現在 鋼構造柱梁接合部の性能評価
  • 2011 - 現在 鋼構造柱部材の構造性能
  • 2010 - 現在 高力ボルト接合部の力学的挙動
Show all
Papers (127):
more...
MISC (3):
Patents (3):
  • 震動エネルギ吸収デバイス、及び震動エネルギ吸収フレーム
  • 耐力壁及び耐力壁用の壁面材
  • 鋼構造部材の補強方法
Books (8):
  • Recommendation for Design of Connections in Steel Structers
    Architectural Institute of Japan 2021 ISBN:9784818906037
  • Recommendations for Plastic Design fo Steel Structures
    Architectural Institute of Japan 2017 ISBN:9784818906372
  • Guideline on Design and Fabrication of High Strength Bolted Connections
    Architectural Institute of Japan 2016
  • Recommended Provisions for Seismic Damping Systems applied to Steel Structures
    Architectural Institute of Japan 2014 ISBN:9784818906228
  • 構造用教材
    日本建築学会 2014
more...
Lectures and oral presentations  (205):
  • ボルト接合された薄鋼板組立梁接合部の補強に関する解析的検討
    (日本建築学会九州支部研究集会 2021)
  • 軸方向圧縮力と単調曲げモーメントを受ける鋼柱の曲げ面内挙動
    (日本建築学会九州支部研究集会 2021)
  • 軸方向力と単調一端曲げモーメントが作用する広幅 H 形鋼柱における復元力モデルの構築
    (日本建築学会九州支部研究集会 2021)
  • 軸方向圧縮力と繰返し一端曲げモーメントを受ける中幅 H 形断面鋼柱の実験的研究
    (日本建築学会九州支部研究集会 2021)
  • Proposal of Analysis Model Considering the Suppressing Effect to Leg Hardware on Steel Shear Wall with Burring Hole
    (2021)
more...
Works (7):
  • Erasmus+ 派遣教員受入 (Ph.D. Marginean)
    2019 -
  • Frontier Research Institute (FRIIS)
    2019 -
  • Erasmus+ 教員海外派遣
    2018 -
  • Erasmus+ 派遣教員受入 (Prof. Stratan)
    2018 -
  • NITech International Symposiumn
    2018 -
more...
Education (3):
  • 2000 - 2003 Nagoya Institute of Technology
  • 1998 - 2000 Nagoya Institute of Technology
  • 1994 - 1998 Nagoya Institute of Technology
Professional career (4):
  • 博士(工学) (名古屋工業大学)
  • 修士(工学) (名古屋工業大学)
  • 学士(工学) (名古屋工業大学)
  • Doctor (Engineering) (Nagoya Institute of Technology)
Work history (9):
  • 2010/04/01 - 現在 Nagoya Institute of Technology School of Engineering Associate Professor
  • 2010/04/01 - 現在 Nagoya Institute of Technology Associate Professor
  • 2003/04/01 - 現在 Nagoya Institute of Technology Associate Professor
  • 2016/08/31 - 2017/03/19 Czech Technical University in Prague Department of Steel and Timber Structures Visiting Professor
  • 2008/04/01 - 2010/03/31 Kyoto University School of Engineering, Department of Architecture and Architectural Engineering Assistant Professor
Show all
Committee career (218):
  • 2021/07 - 現在 S37 併用構造や特殊な鉄骨造等の建築物における高さ等によって異なる構造計算ルート等の合理化に関する検討委員会 薄板軽量形鋼造WG 主査
  • 2021/04/01 - 現在 溶融亜鉛めっき高力ボルト技術協会 委員
  • 2021/04/01 - 現在 日本建築学会 東海支部 事業委員会 委員
  • 2021/04/01 - 現在 日本建築学会 東海支部 男女共同参画推進委員会 委員
  • 2021/04 - 現在 日本建築学会 溶接小委員会 委員
Show all
Awards (3):
  • 2019/09/03 - Architectural Institute of Japan AIJ Young Researcher Award 2019 FLEXURAL ELASTIC BUCKLING STRESS OF BATTEN TYPE LIGHT GAUGE BUILT-UP COMPRESSION MEMBER Modified effective slenderness ratio of built-up compression member Part1
  • 2009/12 - SEEBUS AWARD
  • 2005/11/17 - Best Paper of JSSC
Association Membership(s) (24):
S37 併用構造や特殊な鉄骨造等の建築物における高さ等によって異なる構造計算ルート等の合理化に関する検討委員会 薄板軽量形鋼造WG ,  溶融亜鉛めっき高力ボルト技術協会 ,  日本建築学会 東海支部 支部研究プログラム研究編集委員会 ,  日本建築学会 溶接小委員会 ,  日本建築学会 東海支部 男女共同参画推進委員会 ,  IABSE (International Association for Bridge and Structural Engineering) ,  IABSE (International Association for Bridge and Structural Engineering),Symposium/ Prague ,  日本建築学会 鋼管トラス構造設計施工指針改定小委員会 ,  日本建築学会 大会実行委員会 ,  日本鋼構造協会 鋼構造技術海外発信小委員会 ,  日本建築学会 東海支部 事業委員会 ,  日本建築学会 軽鋼構造設計施工指針改定小委員会 ,  日本建築学会 素材小委員会 鋳鉄検討WG ,  American Iron and Steel Institute COFS Lateral Design Subcommittee ,  American Iron and Steel Institute COFS Framing Design Subcommittee ,  日本建築学会 鋼構造塑性設計小委員会 ,  日本建築学会 鋼構造素材小委員会 ,  SEEBUS (The Japan-Korea-Taiwan Joint Seminar on Earthquake Engineering for Building Structures) ,  日本建築学会 鋼構造接合小委員会 ,  日本建築学会 全国建築系大学教育連絡協議会 ,  日本建築学会 東海支部構造委員会 ,  日本建築学会 東海支部 ,  Japanese Society of Steel Construction ,  Architectural Institute of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page