Rsrc
J-GLOBAL ID:201110046259377758   Research Resource code:1000001863 Update date:Dec. 26, 2005

Molecular Structure Analysis System including NMR and ESR

「磁気分析装置」「生体分子構造解析システム」
Owning Organization:
Contact: KOJIMA Kazuo
Resource classification: Experience equipment, Facilities, etc
Research area  (1): Physical chemistry
Overview:
磁気分析装置は、物質と磁場との相互作用を利用して物質を多角的に
観測し、物質の原子配列や運動状態、電子構造などの知見を得る為の
ものである。本装置は、核磁気共鳴、電子スピン共鳴及び磁気天びん
の3つの装置で構成され、化合物の構造的知見を集約的に得ることが
可能である。
磁気分析装置は、磁波、ラジオ波、マイクロ波などを組み合わせた
装置で、均一度の高い高性能磁石と、周波数回路部、検出部などから
成り、高度にまとめられた装置である。
本システムは、多核二次元NMR分光法によって、温度、圧力等各種
環境下の生体分子の立体構造、固体構造、溶液構造のダイナミックを
非破壊的に分析するものである。従来、生体分子の構造解析は生体
分子をいったん結晶化してX線結晶構造解析によって、その固体の
立体構造の決定を行い溶液中での立体構造を推定していた。最近、
パルスNMR法とコンピューター処理技術の進歩に伴って、溶液中に
おける生理活性物質、蛋白質などの生体分子の立体構造とその動的
構造解析が可能となり、理工学のみならず、農学、薬学、医学分野
での成果が期待されている。
Research field : Physical chemistry
User environment and conditions:
研究業務の遂行に支障のないこと
User procedures and method:
1-1-1 Noji Higashi, Kusatsu-shi, Shiga 525-8577
Japan
+81-77-561-2631
+81-77-561-2633

Return to Previous Page