Rsrc
J-GLOBAL ID:201110085690490389   Research Resource code:5000001645 Update date:Feb. 02, 2005

in-situ SPM装置

in-situ SPM装置
Owning Organization:
Contact: MATSUSHIGE Kazumi
Resource classification: Experience equipment, Facilities, etc
Research area  (1): Thin film and surface interface physical properties
Overview:
in-situ SPM装置
主要目的:超高真空下で主として有機分子を対象に、物質極表面
での原子分解態形観察および原子・分子操作を超精密に
行う。
Research field : 薄膜・表面界面物性
User environment and conditions:
VBLの研究プロジェクト業務の遂行に支障のないこと。
User procedures and method:
・利用手続き...詳細は、施設長まで問い合わせること。
・利用料金...別途とりきめ。
・利用者の資格...本学との共同研究者
・利用上の制約...VBL利用手引きに従う。

Return to Previous Page