Rsrc
J-GLOBAL ID:201110087674226330   Research Resource code:5000000709 Update date:Jan. 27, 2005

ガスクロマトグラフ/質量分析システム

ガスクロマトグラフ/質量分析システム
Owning Organization:
Contact: MURAKAMI Manabu
Resource classification: Experience equipment, Facilities, etc
Research area  (4): Chemical pharmaceutical science ,  Pathological medical chemistry ,  Pathological examination studies ,  Metabolism studies
Overview:
先天性代謝異常の化学診断を行うためには、生体内に異常に
蓄積した微量成分を的確に同定定量することが必要である。
これにはガスクロマトグラフィー質量分析(GC/MS)法が最も
適している。
多数検体自動分析のためにはオートサンプラーを使用し
最終的には全自動化学診断システム構築を目指すことによって
早期診断、早期治療のみならず、発症メカニズムの研究を促進
する。
User environment and conditions:
研究業務の遂行に支障のないこと。
User procedures and method:
詳細は担当者まで問い合わせること。

Return to Previous Page