Rchr
J-GLOBAL ID:201201012720362327   Update date: Dec. 26, 2019

IZUMINO Hiroo

イズミノ ヒロオ | IZUMINO Hiroo
Affiliation and department:
Research field  (1): Emergency medicine
Papers (20):
  • Ohno Naoki, Ishii Kenta, Izumino Hiroo, Fukuma Hiroshi, Nakao Shota, Matsuoka Tetsuya. Predictive factors of delayed mobilization in ventilated blunt trauma patients. Journal of the Japanese Society of Intensive Care Medicine. 2019. 26. 1. 13-18
  • 猪熊 孝実, 泉野 浩生, 山野 修平, 高橋 健介, 田島 吾郎, 平尾 朋仁, 山下 和範, 加藤 隼悟, 田崎 修. 入院中に伝染性単核球症が明らかになった外傷性脾損傷の1例. 日本腹部救急医学会雑誌. 2018. 38. 4. 745-748
  • INOKUMA Takamitsu, TASAKI Osamu, UEKI Tomohiro, IZUMINO Hiroo, YAMANO Shuhei, TAJIMA Goro, HIRAO Tomohito, YAMASHITA Kazunori, YAMASAKI Naoya, MURAKAMI Tomonori. A CASE OF HEMOTHORAX DUE TO INFERIOR PHRENIC ARTERY INJURY. Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma. 2017. 31. 1. 24-27
  • Nanashima A, Izumino H, Sumida Y, Tominaga T, Wakata K, Hidaka S, Tsuchiya T, Nagayasu T. Relationship Between Urinary 8-hydroxydeoxyguanine (8-OHdG) Levels and Clinicopathological Findings in Hepatobiliary Malignancies. Anticancer research. 2016. 36. 8. 3899-3903
  • 松永 典子, 樋口 則英, 里 加代子, 稲岡 奈津子, 前山 美和, 田島 純子, 泉野 浩生, 川崎 英二. 食事摂取量が十分な褥瘡患者に対してアバンドとブイ・クレスの併用が早期治癒促進に有用であった一例. 日本病態栄養学会誌. 2016. 19. 2. 307-311
more...
MISC (10):
  • 泉野 浩生. 【栄養療法アップデート 前編】Pro-Con私ならこうする 非ARDS患者における栄養療法-full feedingを目指す Cons:研究デザインに問題あり,一律full feedingは避けよ. Intensivist. 2019. 11. 2. 374-377
  • 泉野 浩生. 【エキスパートに学ぶ栄養管理のすべて】Case study ベーシック編(その2) 外傷症例. 救急・集中治療. 2018. 30. 1. 23-30
  • 泉野 浩生. 【低栄養対策パーフェクトガイド-病態から問い直す最新の栄養管理】(Part3)病態別 低栄養マネジメント【急性疾患】ARDS. 臨床栄養. 2017. 130. 6. 831-837
  • 泉野 浩生. 【栄養療法がわかる!できる! プレゼンのカリスマから学ぶ基本知識と症例問題で身につく実践力で、治療がグッとうまくいく!】(第2章)困ったときの栄養管理 差がつくテクニック こんなときどうする? 食べてくれないとき. レジデントノート. 2016. 17. 17. 3181-3188
  • 泉野 浩生, 山野 修平, 赤松 望, 安藝 敬生, 前山 美和, 田崎 修. 【ICUにおける早期経腸栄養をめぐって】早期経腸栄養施行時のNSTの役割. ICUとCCU. 2014. 38. 8. 561-565
more...
Lectures and oral presentations  (75):
  • 高齢女性に発生した胸髄神経鞘腫の一例
    (臨床神経学 2006)
  • 大腸癌同時性H3症例の治療成績の検討
    (日本大腸肛門病学会雑誌 2006)
  • 大腸癌同時性H3症例の治療成績の検討
    (日本消化器外科学会雑誌 2006)
  • 外傷性脾損傷の治療法についての検討
    (日本救急医学会雑誌 2007)
  • 外科的治療方針決定にPETが有用であった両側胸部異常陰影の1例
    (肺癌 2007)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page