Rchr
J-GLOBAL ID:201201019339004907   Update date: Nov. 04, 2019

Kounosu Tsutomu

コウノス ツトム | Kounosu Tsutomu
Affiliation and department:
Research field  (4): Applied anthropology ,  Social psychology ,  Safety engineering ,  Social systems engineering
Research keywords  (5): Human Resource Management ,  Communictions Management ,  Social Psychology ,  Visual Ergonomics ,  視覚人間工学,社会心理学,コミュニケーションマネジメント,ヒューマンリソースマネジメント
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2010 - 2013 非漢字系孤立語の言語情報処理に関する視覚工学的研究
Papers (42):
  • Koki Someya, Miyu Suzuki, Phenpimon Wilairatana, Shigeaki Tanimoto, Tsutomu Konosu. A Study on Evaluation of Cognitive Dissonance in Project. RMUTT Global Business and Economics International Conference 2018. 2018. Vol.4. 53-62
  • Goushi Suzuki, Kousuke Ebina, Phenpimon Wilairatana, Shigeaki Tanimoto, Tsutomu Konosu. Evaluation for Interface Design of Japanese E-Commerce Websites Based on General Checklist. RMUTT Global Business and Economics International Conference 2018. 2018. Vol.4. 149-160
  • The Influence of Information Transmission Methods on the Cognition of Importance in Project Progress Management. RMUTT Global Business and Economics International Conference 2018. 2018. Vol.4. 63-72
  • Kazutoshi Asakura, Mamoru Ito, Phenpimon Wilairatana, Koichi Mizutani, Tsutomu Konosu, Pichit Ngamjarussrivichai. Study of Thai Organizational Commitment Using a Three-Component Model. International Conference on Business and Industrial Research. 2018. Vol.5. 360-364
  • Yuta Takahashi, Masahiro Yokoyama, Phenpimon Wilairatana, Koichi Mizutani, Tsutomu Konosu, Pichit Ngamjarussrivichai. Comparative Research Between Japan And Thailand: A Comparison Of Work Motivation Among Young Human Resources. International Conference on Business and Industrial Research. 2018. Vol.5. 365-369
more...
Books (2):
  • 人間工学の百科事典
    丸善株式会社 2005
  • 生体情報システム論
    産業図書 1995
Lectures and oral presentations  (8):
  • Study On The Current Situation Of User Interface Design In The Thai Manufacturing Industry
    (国際P2M学会2018年度春季大会 2018)
  • タイのIT分野における納期管理の改善の提案
    (国際P2M学会第18回研究発表大会 2014)
  • 人的資源能力および品質出来高を考慮したEVMによるPBL運用に関する研究
    (国際P2M学会第18回研究発表大会 2014)
  • 品質概念を考慮したアーンドバリューマネジメントの運用に関する研究
    (日本生産管理学会第39回全国大会 2014)
  • 操作性を考慮したプロトタイプを用いた要求獲得に関する研究
    (日本経営工学会平成24年度秋季研究発表大会 2012)
more...
Education (3):
  • 1996 - 1999 Keio University
  • 1994 - 1996 Keio University
  • 1990 - 1994 Keio University
Professional career (3):
  • 学士(環境情報学) (慶應義塾大学)
  • 修士(政策・メディア) (慶應義塾大学大学院)
  • 博士(政策・メディア) (慶應義塾大学大学院)
Work history (4):
  • 2015/04/01 - 現在 Chiba Institute of Technology Faculty of Social Systems Science, Department of Project Management
  • 2008/04/01 - 2015/03/31 Chiba Institute of Technology Faculty of Social Systems Science, Department of Project Management
  • 2001/04/01 - 2007/03/31 Chiba Institute of Technology Faculty of Social Systems Science, Department of Project Management
  • 1999/04/01 - 2001/03/31 Chiba Institute of Technology Faculty of Engineering
Committee career (33):
  • 2019/04 - 現在 プロジェクトマネジメント学会 学際委員会委員
  • 2019/04/01 - 現在 プロジェクトマネジメント学会 学際委員会委員
  • 2019/04 - 現在 プロジェクトマネジメント学会 論文審査委員会副委員長
  • 2019/04/01 - 現在 プロジェクトマネジメント学会 論文審査委員会副委員長
  • 2019/04 - 現在 プロジェクトマネジメント学会 理事
Show all
Awards (1):
  • 2006/03 - プロジェクトマネジメント学会 論文奨励賞 プロジェクトマネジメントにおける成否構造に関する定量的解析
Association Membership(s) (10):
認知科学会 ,  日本語教育学会 ,  日本経営工学会 ,  心理学会 ,  消費者行動研究学会 ,  教育工学会 ,  ヒューマンインターフェイス学会 ,  プロジェクトマネジメント学会 ,  プロジェクトマネジメント学会 ,  日本人間工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page