Rchr
J-GLOBAL ID:201201023802016674   Update date: Nov. 04, 2020

Kato Satoshi

カトウ サトシ | Kato Satoshi
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://www.aasa.ac.jp/
Research field  (1): Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (3): サービス・ラーニング ,  総合的な学習の時間 ,  生活科
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2018 - 2021 高等学校の「総合的な探究の時間」に求められる探究型カリキュラム及び教材の開発
  • 2015 - 2018 生活科・総合的な学習の時間を担当するコーディネーター設置の可能性に関する研究
Papers (27):
  • 加藤 智. A Study on the Coordinator for "the Period for Integrated Studies" from the Roles and Expertise Required of the Service-Learning Coordinators. 愛知淑徳大学論集. 文学部・文学研究科篇 = Bulletin of Aichi Shukutoku University. 愛知淑徳大学論集編集委員会 編. 2018. 43. 53-68
  • 加藤 智, 西野 雄一郎. 総合的な学習の時間における思考ツールの活用の在り方に関する一考察. 愛知淑徳大学教志会研究年報. 2017. 4. 103-116
  • 加藤 智. The Prospects and Challenges of the Period for Integrated Studies : from an Analysis of the Current State and Issues of Service-Learning in America. 愛知淑徳大学論集. 文学部・文学研究科篇 = Bulletin of Aichi Shukutoku University. 愛知淑徳大学論集編集委員会 編. 2017. 42. 11-26
  • 加藤 智. A Study of Curriculum Management in the Period for Integrated Studies. 学び舎 : 教職課程研究 : journal of Teaching Course, Aichi Shukutoku University. 2017. 13. 3-17
  • 加藤 智. A Study of Teacher Development for Supporting the Curriculum Management of the Period for Integrated Studies Teachers : Based on Survey on the Period for Integrated Studies Teachers. 愛知淑徳大学論集. 文学部・文学研究科篇 = Bulletin of Aichi Shukutoku University. 愛知淑徳大学論集編集委員会 編. 2016. 41. 67-82
more...
Books (3):
  • 生活科・総合的学習の系譜と展望
    三恵社 2018
  • 改訂版 探究的・協同的な学びをつくる -生活科・総合的学習の理論と実践-
    三恵社 2015
  • 探究的・協同的な学びをつくる -生活科・総合的学習の理論と実践-
    三恵社 2013
Lectures and oral presentations  (19):
  • 生活科における「深い学び」を実現させるための「リフレクション」に関する一考察
    (日本教科教育学会 第44回全国大会 2018)
  • 総合的な学習の時間における地域連携の在り方 -米国のサービス・ラーニングにおけるコミュニティ・パートナーとの連携から-
    (日本生活科・総合的学習教育学会 第27回全国大会 2018)
  • サービス・ラーニング・コーディネーターの役割と専門性
    (アメリカ教育学会 第29回大会 2017)
  • 生活科・総合的な学習の時間を担当するコーディネーターの在り方
    (日本生活科・総合的学習教育学会 第26回全国大会 2017)
  • 米国サービス・ラーニングの事例に見るコーディネーターの在り方
    (静岡県生活科・総合的学習教育学会 第6回研究集会 2016)
more...
Professional career (1):
  • 修士(教育学) (愛知教育大学)
Work history (7):
  • 2019/09 - 現在 National Institute for Educational Policy Research National Institute for Educational Policy Research
  • 2019/09 - 現在 Ministry of Education,Culture,Sports,Science and Technology
  • 2015/04 - 現在 Aichi Shukutoku University Faculty of Letters Department of Education
  • 2014/04 - 2015/03 Hamamatsu Gakuin University Junior College Department of Early Childhood Education
  • 2011/04 - 2014/03 Hamamatsu Gakuin University Junior College Department of Early Childhood Education
Show all
Committee career (8):
  • 2011/10 - 現在 静岡県生活科・総合的学習教育学会 理事
  • 2011/04 - 現在 日本生活科・総合的学習教育学会 常任理事
  • 2018/07 - 2019/03 愛知県義務教育問題研究協議会 専門部会委員
  • 2016/05 - 2017/03 スーパーグローバルハイスクール企画評価者会議 中間評価書面審査部会協力者
  • 2016/02 - 2016/03 文部科学省 「スーパーグローバルハイスクール」書面審査委員
Show all
Awards (1):
  • 2015/06 - 日本生活科・総合的学習教育学会 第14回研究奨励賞(理論部門) 総合的な学習の時間を充実させる「振り返り」に関する研究 -米国サービス・ラーニングにおける振り返りに関する研究をもとに-
Association Membership(s) (7):
THE JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY ON TEACHER EDUCATION ,  JAPAN CURRICULUM RESEARCH AND DEVELOPMENT ASSOCIATION ,  日本福祉教育・ボランティア学習学会 ,  アメリカ教育学会 ,  JAPAN SOCIETY OF RESEARCH ON EARLY CHILDHOOD CARE AND EDUCATION ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR CURRICULUM STUDIES ,  JAPANESE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LIVING ENVIRONMENT STUDIES AND INTEGRATED STUDY EDUCATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page