Rchr
J-GLOBAL ID:201201029329181920   Update date: Sep. 23, 2022

Saito Shinichi

サイトウ シンイチ | Saito Shinichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Economic policy
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2020 - 2023 :
  • 2020 - 2023 :
  • 2019 - 2020 タクシーの需要構造変化と競争政策のあり方に関する実証的研究
  • 2013 - 2016 The Role of the Public Sector in the Provision of Local Public Services
  • 2010 - 2011 空港の効率的運営に関する研究
Papers (35):
  • 西藤真一. 「イギリスにおけるコロナ対応としての鉄道再国営化の背景について」. 『交通と統計』(一財・交通統計研究所). 2022. 67. 16-24
  • 西藤真一. 民営化後の企業所有の実態と政府関与に関する研究 -イギリスにおける空港と鉄道事業の制度設計を中心に-. 博士学位論文(近畿大学大学院商学研究科). 2021. 1-175
  • 西藤真一. 「JR三江線廃止後の沿線住民の 公共交通に対する意識構造」. 『総合政策論叢』. 2021. 41. 33-50
  • 西藤真一. 「ポストコロナの空港経営と地域」. 『地域開発』. 2020. 634. 24-28
  • 西藤 真一. 山陰・石見地方における港と都市の形成-商品流通を支えた北前船を中心に-. 『運輸と経済』(一財・交通経済研究所). 2019. 79. 11. 116-120
more...
MISC (32):
  • 「地域交通をどう維持するかー住民ニーズの視点からー」. 『ナント経済月報』(一財・南都経済研究所). 2022. 16-21
  • 正司健一, 小嶋文, 西藤真一, 大門創. 座談会「ラストワンマイル-モビリティとまちづくりから考える-」. 『運輸と経済』(一財・交通経済研究所). 2022. 82. 2. 4-11
  • 西藤真一. 「イギリスの鉄道事業に対する政府支援: 新型コロナ対策は航空・空港に比べて手厚いのか」. 『KANSAI空港レビュー』(一財・関西空港調査会). 2022. 518. 30-35
  • 西藤真一. 「地域に貢献する島根県立大学- 連携の実例と見えてきた課題 -」. 『観光文化』(公益社団法人日本交通公社). 2021. 250. 42-45
  • 野村宗訓, 西藤真一, 切通堅太郎. 鼎談「コロナ禍と地方空港の行方」. 『しゃりばり』(一社・北海道総合研究調査会). 2021. 433. 16-20
more...
Books (22):
  • 『モビリティと地方創生ー次世代の交通ネットワーク形成に向けて』
    2021
  • 『航空・空港政策の展望 : アフターコロナを見据えて』
    中央経済社 2021 ISBN:9784502387715
  • 「空港の経営特性」「空港の民営化」, 西村陽・水谷文俊(編著)『公益事業の変容-持続可能性を超えて-』
    関西学院大学出版会 2020
  • 「クルーズ振興をめぐる期待と課題」, 山縣宣彦・加藤一誠 (編著) 『「みなと」のインフラ学 ーPORT2030の実現に向けた処方箋ー』
    成山堂書店 2020
  • 交通インフラの運営と地域政策
    成山堂書店 2020
more...
Lectures and oral presentations  (55):
  • What to think about in collaboration with residents for better transport?
    (CIRIEC CONGRESS WORKSHOP C : Public / Social Economy Partnerships 2022)
  • 浜田港の利用促進に向けて~研究会調査結果からの試案~
    (浜田港振興会「浜田港国際定期コンテナ航路開設20周年記念式典」(浜田ワシントンホテルプラザ) 2022)
  • 沖縄県内離島航空輸送に対する経済価値の評価に関する研究-宮古~多良間線の事例-
    (国際公共経済学会第35回研究大会 2020)
  • イギリスの空港整備と路線の集中度別にみた料金設定
    (航空政策研究会特別研究プロジェクト「航空における利用者負担のあり方」中間報告会 2020)
  • 交通インフラの運営と地域政策〜近著のご紹介と今後の研究の方向性
    (公益事業学会関西部会 2020)
more...
Education (1):
  • Kwansei Gakuin University
Professional career (2):
  • 修士(経済学)
  • 博士(商学)
Work history (12):
  • 2019/04 - 現在 The University of Shimane
  • 2016/04 - 現在 Kansai Gaidai University College of Foreign Studies
  • 2015/04 - 現在 The University of Shimane Faculty of Policy Studies
  • 2021/04 - 2023/03 鹿児島大学法文学部 非常勤講師「経済政策論」担当
  • 2019/07 - 2020/03 University of the Ryukyus Research Institute for Island and Sutainability
Show all
Committee career (29):
  • 2022/06 - 現在 島根県土木部 島根県立大学の学生による山陰道沿線活性化事業に関するアドバイザー
  • 2021/10 - 現在 浜田港振興会 「浜田港の新しい時代の物流研究会」座長
  • 2019/06 - 現在 浜田市 浜田市生活支援体制整備にかかわる協議体委員
  • 2016/04 - 現在 浜田市今福線を活かす連絡協議会
  • 2015/03 - 現在 国土交通省中国運輸局地域公共交通アドバイザー
Show all
Awards (6):
  • 2021/12 - (一財)航空振興財団 住田航空奨励賞 『航空・空港政策の展望-アフターコロナを見据えて』(中央経済社, 2021年6月)
  • 2021/06 - 公益事業学会 奨励賞 『交通インフラの運営と地域政策』(成山堂書店, 2020年3月)
  • 2020/12 - 国際公共経済学会 学会賞 『『交通インフラの運営と地域政策』(成山堂書店, 2020年3月)
  • 2018/11 - (一財)航空振興財団 住田航空奨励賞 『グローバル経済における空港のファイナンスと投資』創成社
  • 2015/12 - (一財)航空振興財団 住田航空奨励賞 『空港経営と地域』成山堂
Show all
Association Membership(s) (4):
公益事業学会 ,  日本交通学会 ,  日本経済政策学会 ,  国際公共経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page