Rchr
J-GLOBAL ID:201201034372122442   Update date: Oct. 11, 2021

KUZUYA Aya

クズヤ アヤ | KUZUYA Aya
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): International relations
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2016 - 現在 「国際関係論」からの解放-「IR」から「歴史」への回帰
  • 2015 - 2018 国際関係理論と日本外交史の対話-歴史的知見の理論化と理論的知見の歴史研究応用-
  • 2015 - 2018 ドイツ外交とヨーロッパ地域秩序の形成-「政治としての和解」の視角から
  • 2013 - 2016 「アメリカの社会科学」を超えて:20世紀国際秩序観の再検討
Papers (1):
  • 敗戦国のリアリズム:1960年代の日本と西ドイツの比較の視点から. 明治学院大学 法学研究. 2016. 101. 115-137
MISC (2):
  • マーク・マゾワー著/池田年穂訳『国連と帝国 世界秩序をめぐる攻防の20世紀』. 比較文明. 2016. 32. 247-250
  • 「不本意な覇権国」?-ドイツ外交政策をめぐる論争. 明治学院大学 法学研究. 2016. 100. 409-425
Books (5):
  • 戦後日本外交からみる国際関係-歴史と理論をつなぐ視座-
    ミネルヴァ書房 2021
  • 歴史のなかの国際秩序観:「アメリカの社会科学」を超えて
    晃洋書房 2017
  • Our Europe: the Construction and Future of European Union
    2016
  • 初めての政治学-ポリティカル・リテラシーを育てる〔改訂版〕
    風行社 2015
  • 現代ドイツ政治 統一後の20年
    ミネルヴァ書房 2014
Lectures and oral presentations  (4):
  • 大下理世「ドイツ分断を背景とする西ドイツの歴史政策の展開(1949-1974)」コメント
    (世界政治研究会 2020)
  • 部会5「冷戦を考える-歴史・思想・植民地主義の観点から」討論者
    (国際政治学会2020年研究大会 2020)
  • 「H・バターフィールドと高坂正堯の国際政治論-ドイツの知的伝統の視点から-」
    (国際政治学会2015年度大会 2015)
  • 「外交政策から見る25年」(シンポジウムI「統一後25年のドイツ政治」)
    (ドイツ現代史学会第38回大会 2015)
Works (1):
  • ドキュメントーある大学教員から見たコロナ禍
    2021 -
Education (2):
  • 1993 - 2001 Kyoto University
  • 1993 - 2001 Kyoto University
Professional career (1):
  • 法学博士 (京都大学大学院)
Work history (3):
  • 2020/04 - 現在 Meijigakuin University
  • 2012/04 - 2020/03 Meijigakuin University Faculty of Law, Department of Political Science
  • 2005/04 - 2012/03 Meijigakuin University Faculty of Law, Department of Political Science
Committee career (6):
  • 2020/04 - 現在 The Japan Association of International Relations
  • 2020/04 - 現在 日本国際政治学会 編集委員
  • 2020/04 - The Japan Association of International Relations
  • 2020/04 - 日本国際政治学会 理事
  • 2016/04 - 2018/03 The Japan Association of International Relations
Show all
Awards (1):
  • 2005/10 - 第一回比較文明学会研究奨励賞
Association Membership(s) (2):
The Japan Association of International Relations ,  The Japan Society for the Comparative Study of Civilizations
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page