Rchr
J-GLOBAL ID:201201055050044222   Update date: Jun. 06, 2024

MIYASAKA Makoto

ミヤサカ マコト | MIYASAKA Makoto
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (4): Functional solid-state chemistry ,  Polymer materials ,  Organic functional materials ,  Polymer chemistry
Research keywords  (3): 高分子・繊維材料 ,  機能材料・デバイス ,  高分子化学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2019 - 2021 微孔性ポリマーによる次世代型高性能二次電池用電極材料の開発
  • 2012 - 2014 外部刺激による屈折率変化ポリマー
  • 2009 - 2011 環状多分岐高分子のナノ空孔を利用する屈折率制御ポリマー
Papers (46):
  • Masashi Hatanaka, Daisuke Sayama. A structural study on chiral poly(methacrylic acid) polymerized with chitosan templates. J. Molecular Structures. 2023
  • Ryo Suzuki, Yuto Ochiai, Kyohei Nakano, Keisuke Tajima. Detrimental effects of “universal” singlet photo crosslinkers in organic photovoltaics. ACS Applied Energy Materials. 2023
  • Kazuki Sugawra, Naoaki Yabuuchi. Extended Conjugated Carbonyl-Containing Polymer as a Negative Electrode Material for Na-ion Batteries. Polymer J. 2022. 54. 9. 1111-1118
  • Significant fluorescence enhancement of Zn2+ by Schiff base macrocycle. J. Photochem. Photobiol. A. 2021. 425. 11368
  • Hiroki Tokunaga, Kotoha Kazama, Masaki Tsuboi. A Novel Schiff base macrocycle based on 1,1′-binaphthyl for fluorescence recognition. Luminescence: The Journal of Biological and Chemical Luminescence. 2021. 36. 6. 1561-1568
more...
MISC (7):
Patents (4):
  • 光学材料、光学素子、及び物品の屈折率を変化させる方法
  • ブロック共重合体、並びにそれを用いたエポキシ樹脂の潜在性硬化剤及びその製造方法
  • 含ケイ素ポリマーおよびその製造方法並びに光学材料
  • ラジカル高分子化合物からなる磁性素子
Books (5):
  • 外部刺激による屈折率変化が可能な光学ポリマーの開発
    技術情報協会 2017
  • 理工系のための一般化学
    2017
  • 熱転位反応を利用した高屈折率化
    技術情報協会 2014
  • 側鎖に活性エステル部分を有する高分子の合成
    技術情報協会 2014
  • Synthesis and Characterization of Novel Chiral Conjugated Materials
    2007
Lectures and oral presentations  (132):
  • [6]ヘリセンの拡張体の合成およびその特性
    (日本化学会第104春季年会 2024)
  • ペンタフェン誘導体の合成とその環化三量化
    (日本化学会第104春季年会 2024)
  • ビフェニルマルチカルボキシレートの合成とSIB用負極材料評価
    (日本化学会第104春季年会 2024)
  • 新規シッフ塩基型[2+2]環状体の合成と金属蛍光センサー評価
    (日本化学会第104春季年会 2024)
  • 対称位にジメトキシ基を有する[7]ヘリセンの合成とその特性評価
    (日本化学会第104春季年会 2024)
more...
Education (1):
  • 1999 - 2002 Waseda University Graduate School, Division of Science and Engineering
Professional career (1):
  • 博士(工学) (早稲田大学)
Work history (9):
  • 2010/04 - 2012/03 Yokoyama National University
  • 2009/04 - 2012/03 Kanagawa University Department of Chemistry Research Assistant
  • 2007/06 - 2009/03 Researcher
  • 2005/06 - 2007/05 Chief Researcher
  • 2002/06 - 2005/05 Researcher
Show all
Committee career (9):
  • 2021/03 - 現在 公益社団法人 日本化学会 関東支部 幹事
  • 2020/03 - 現在 公益社団法人 日本化学会 関東支部 幹事
  • 2018/04/01 - 現在 日本化学会 化学と教育 レーダー編集委員長
  • 2019/03 - 2020/02 日本化学会 化学と教育 レーダー副委員長
  • 2018/03 - 2019/02 日本化学会 化学と教育 レーダー編集委員長
Show all
Association Membership(s) (4):
電気化学会 ,  American Chemical Society ,  The Society of Polymer Science, Japan ,  The Chemical Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page