Rchr
J-GLOBAL ID:201201058684534710   Update date: Sep. 10, 2021

Itaba Munechika

イタバ ムネチカ | Itaba Munechika
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (1): https://kaken.nii.ac.jp/search/?qm=80608688
Research field  (2): History of thought ,  Philosophy and ethics
Research keywords  (6): 社会哲学 ,  フランス ,  プルードン ,  19世紀 ,  社会思想史 ,  哲学
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2017 - 2021 自律機械と市民をつなぐ責任概念の策定
  • 2016 - 2019 交換的正義論の系譜とポスト・アナキズム政治哲学の批判的接合
  • 2013 - 2016 近代フランスにおける反疎外論的社会思想の論理と系譜についての研究
  • 2014 - 2015 観光研究・観光教育に関する方法論の基礎的研究
  • 2012 - 2013 ツーリズムに関する基礎理論の研究
Show all
Papers (14):
  • -. 2021. 3. 83-108
  • 伊多波 宗周. 相互性の規範化についての試論-フーコー『性の歴史』に着想を得て-. 研究論叢. 2021. 96. 1-21
  • 伊多波宗周. 家族と共同性. ひとおもい. 2020. 2. 223-244
  • 伊多波 宗周. 相互性について. ひとおもい. 2019. 1. 164-185
  • 伊多波 宗周. 交換的正義概念の系譜におけるキケロとトマスの影響力. 研究論叢. 2019. 92. 13-34
more...
MISC (11):
  • 伊多波 宗周. [書評]「幻想の共同性」と「生身の人間」ー菅孝行著「天皇制と闘うとはどういうことか」. 映画芸術. 2019. 469. 168-168
  • 伊多波 宗周. [書評]森元斎著『アナキズム入門』. フランス哲学・思想研究. 2018. 23. 350-353
  • 伊多波 宗周. [書評]菅孝行『天皇制論集』第一巻『天皇制問題と日本精神史』(御茶の水書房). 情況(第四期). 2015. 4. 8. 174-180
  • 伊多波 宗周. [研究発表要旨]系列と歴史--プルードン『人類における秩序の創造』の論理と位置づけ. フランス哲学・思想研究. 2015. 20. 87-87
  • 伊多波 宗周. 「自立」をめざすブラック社会. 週刊金曜日. 2014. 22. 49. 24-25
more...
Books (9):
  • ロボットをソーシャル化する:「人新世の人文学」10の論点
    学芸みらい社 2021
  • 現代フランス哲学入門
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:9784623084982
  • 哲学すること - 松永澄夫への異議と答弁
    中央公論新社 2017 ISBN:4120050289
  • 観光調査のキーコンセプト-方法論的多様性、理論的背景、歴史的展開
    同友館 2015 ISBN:449605129X
  • 社会はどう壊れていて、いかに取り戻すのか
    同友館 2014 ISBN:4496051001
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • ロボット倫理における道徳計算の可能性と限界
    (第39回日本ロボット学会学術講演会 オーガナイズド・セッション「ロボット倫理の最前線とその社会化に向けて」 2021)
  • 第二帝政期におけるプルードンの思想展開
    (日仏哲学会2020年春季・秋季合同大会 シンポジウムI「19世紀フランス哲学の再検討2 第二帝政と哲学者たち」 2020)
  • 責任概念発生の理屈と自動運転車事故
    (RSIS 第10回研究会「人と機械の協働を考える」 2020)
  • 自律機械との応報? -交換的正義をめぐる18、19世紀フランス社会思想の議論を踏まえて-
    (「自律機械と市民をつなぐ責任概念の策定」第5回研究会 2018)
  • フランス哲学・社会思想における責任概念
    (第5回RSIS公開研究会「責任・知能・労働」 2017)
more...
Works (1):
  • みなとまち観光論I 神戸とファッションー洋装文化を通じて見る神戸の近代ー
    伊多波 宗周 2014 -
Education (4):
  • 2004 - 2010 東京大学大学院 基礎文化研究専攻 哲学専門分野 博士課程
  • 2001 - 2004 東京大学大学院 基礎文化研究専攻 哲学専門分野 修士課程
  • 1999 - 2001 The University of Tokyo Philosophy and Religion
  • 1997 - 1999 The University of Tokyo
Professional career (2):
  • 博士(文学) (東京大学)
  • 修士(文学) (東京大学)
Work history (12):
  • 2019/04 - 現在 Kyoto University of Foreign Studies Faculty of Foreign Studies
  • 2016/04 - 2019/03 Kyoto University of Foreign Studies Faculty of Foreign Studies
  • 2016/04 - 2018/03 Kyoto University Institute for Research in Humanities
  • 2015/09 - 2016/03 Kyoto University of Foreign Studies Faculty of Foreign Studies
  • 2015/04 - 2016/03 Kobe Yamate University Faculty of the Study of Contemporary Society
Show all
Association Membership(s) (6):
Société P.-J. Proudhon ,  THE SOCIETY FOR THE HISTORY OF SOCIAL THOUGHTS ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR ETHICS ,  THE PHILOSOPHICAL ASSOCIATION OF JAPAN ,  Societe Franco-Japonaise de Philosophie ,  THE SOCIETY OF PHILOSOPHY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page