Rchr
J-GLOBAL ID:201201059403600030   Update date: Sep. 02, 2021

hideyuki ito

イトウ ヒデユキ | hideyuki ito
Affiliation and department:
Research field  (1): Rehabilitation science
Research keywords  (4): データマイニング ,  変形性関節症 ,  Reference Interval ,  臨床検査疫学
Papers (24):
  • Hideyuki Ito, Kiyoshi Ichihara, Kotaro Tamari, Tetsuya Amano, Shigeharu Tanaka, Shigehiro Uchida, Shinya Morikawa. Determination of reference intervals for knee motor functions specific to patients undergoing knee arthroplasty. PLOS ONE. 2021. 16. 4. e0249564
  • 伊藤秀幸, 市原清志, 天野徹哉. 人工膝関節置換術患者における非術側の筋力と関節可動域の基準範囲. 理学療法科学. 2021. 36. 2. 159-168
  • 伊藤秀幸, 市原清志, 玉利光太郎, 天野徹哉, 田中繁治, 内田茂博, 森川真也. 人工膝関節術前後における膝筋力と膝関節可動域の変化量に影響する要因分析. 宝塚医療大学紀要. 2021. 7. 33-43
  • Ito H, Ichihara K, Tamari K, Amano T, Tanaka S, Uchida S. Factors characterizing gait performance of patients before and soon after knee arthroplasty. Journal of Physical Therapy Science. 2021. 33. 3. 274-282
  • Tanaka S, Inoue Y, Ito H, Tagashira S, Nishimoto J, Tian H, Jung H, Tanaka R. Diagnostic test accuracy of physical examination tests in suspected patellofemoral osteoarthritis: a systematic review. International Journal of Gerontology. 2021. in press
more...
MISC (31):
  • 伊藤秀幸, 市原清志. 人工膝関節置換術前後における歩行能力の変化量に影響する要因. 第58回日本リハビリテーション医学会学術集会. 2021
  • 伊藤秀幸, 市原清志, 天野徹哉, 玉利光太郎, 田中繁治. 人工膝関節術後患者における膝伸展・屈曲筋力の病態別基準範囲の設定 -健常高齢者による基準範囲と比較して-. 第4回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会, 神戸. 2020
  • 松下 慎也, 伊藤 秀幸, 山田 早苗, 村田 和弘, 守屋 淳詞, 椎木 栄一, 田中 浩. THA術後歩行自立に影響を及ぼす因子の検討 YAMの関与はあるか. 日本骨粗鬆症学会. 2019
  • Kotaro Tamari, Tetsuya Amano, Shigeharu Tanaka, Hideyuki Ito, Shinya Morikawa, Yu Inoue, Ryo Tanaka. Two-week postoperative self-efficacy predicts earlier onset of successful independent walking among population undergoing knee arthroplasty. 13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress 2019 in Kobe. 2019
  • 森川真也, 谷口千明, 天野徹哉, 内田茂博, 伊藤秀幸, 田中繁治. 人工膝単顆関節置換術早期の歩行自立日数を判別する臨床予測式の抽出. 第6回日本運動器理学療法学会学術大会. 2018
more...
Books (2):
  • 理学療法エビデンス大辞典 現場で使える実践ガイド
    西村書店 2019
  • 実践MOOK・理学療法プラクティス 肩関節運動機能障害
    文光堂 2009
Lectures and oral presentations  (12):
  • 根拠に基づく理学療法の実践-エビデンスをどう「使う」か-
    (広島大学スポーツ科学センター主催 健康科学リサーチセミナー 2020)
  • 実践!臨床に役立つ臨床研究の具体的手法
    (2019年度愛媛県理学療法士会主催理学療法士講習会 2019)
  • 実践!臨床に役立つ臨床研究の具体的手法
    (愛媛県理学療法士会 平成30年度理学療法士講習会(応用編) 2018)
  • 宮崎県理学療法士会講習会「臨床で役立つ!研究の具体的方法論」
    (宮崎県理学療法士会 基礎研究部研修会 2018)
  • 臨床家のための具体的研究手法(愛媛)
    (理学療法士講習会(応用編) 2017)
more...
Education (4):
  • - 2021 Yamaguchi University of Medicine
  • - 2012 Kibi International University
  • - 2004 中部リハビリテーション専門学校
  • - 2000 Chukyo University
Professional career (1):
  • 博士(保健学) (山口大学)
Work history (5):
  • 2020/04 - 現在 Takarazuka University of Medical and Health Care
  • - 2020/03 山口コ・メディカル学院 理学療法学科
  • - 2013/03 (財)潤和リハビリテーション振興財団 延岡リハビリテーション病院
  • - 2009/03 井戸田整形外科(現:井戸田整形外科名駅スポーツクリニック)
  • - 2005/03 びわじま整形外科
Association Membership(s) (4):
JAPANESE ASSOCIATION FOR THE STUDY OF MUSCULOSKELETAL PAIN ,  SOCIATY OF PHYSICAL THERAPY SCIENCE ,  JAPANESE PHYSICAL THERAPY ASSOCIATION ,  日本臨床疫学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page