Rchr
J-GLOBAL ID:201201061178010053   Update date: Apr. 27, 2021

AKEDO TAKAHIRO

AKEDO TAKAHIRO
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (8): マジョリティ-マイノリティ関係 ,  マイノリティ-マジョリティ関係 ,  アメリカ研究 ,  イデオロギー ,  知識人 ,  ナショナリズム ,  多文化主義 ,  社会思想
Papers (9):
  • Takahiro Akedo. The Scope of the Study on Ideology in a Polarized Age: For Sociology of Political Consciousness. 2021. 63. 57-75
  • Takahiro Akedo, Kyongho Cho. Foreign-Policy Attitudes and Nationalism in the Post-Cold War Japan. 2020. 62. 69-85
  • 明戸 隆浩. Between Nationalism and Xenophobia : The Shift of "Conservative" Discourse in Japan since the 1990s. 社会学年誌 = The annuals of sociology. 2016. 57. 45-62
  • 明戸 隆浩. The Background and Process of the Deliberation of the Anti-Discrimination Bill in 2015 : The Situation of "the Absence of Legal Approach for Racial Discrimination" in Japan and its Change. 移民政策研究. 2016. 8. 182-192
  • 明戸隆浩. アメリカにおけるヘイトスピーチ規制論の歴史的文脈--90年代の規制論争における公民権運動の「継承」. アジア太平洋レビュー. 2014. 11. 25-37
more...
MISC (11):
  • 明戸 隆浩. 現代日本における「リベラル」イメージの変容 : 「リベラル嫌い」に関する研究ノート (特集 保守とリベラル : ねじれる対立軸). 現代思想. 2018. 46. 2. 164-174
  • 明戸 隆浩. ヘイトスピーチと「不寛容」 : この二つの概念の適切な関係をめぐって (特集 言葉と社会 : グローバル・情報社会のなかで). 神奈川大学評論. 2017. 87. 55-64
  • 明戸 隆浩. 「これはヘイトクライムである」の先へ : 「自己決定」が可能な社会のために (緊急特集 相模原障害者殺傷事件). 現代思想. 2016. 44. 19. 213-221
  • 明戸 隆浩. ヘイトスピーチに「言論」で対抗するカラクリを暴き不当な言説は無効化 (特集 時代を知るための120冊). Journalism. 2016. 316. 18-23
  • 明戸 隆浩. ヘイトスピーチにかかわる「議論」の洗練のために : ジェレミー・ウォルドロン『ヘイトスピーチという危害』を読む (書評特集 前田朗『ヘイトスピーチ研究序説』(三一書房)). 情況. 第四期 : 変革のための総合誌. 2015. 4. 4. 129-134
more...
Books (14):
  • アンチレイシスト・ベビー
    合同出版 2021 ISBN:9784772614481
  • AIと差別
    解放出版社 2020 ISBN:9784759267952
  • サイバーハラスメント : 現実へと溢れ出すヘイトクライム
    明石書店 2020 ISBN:9784750350226
  • ヘイトスピーチに立ち向かう : 差別のない社会へ
    日本評論社 2019 ISBN:9784535403536
  • ヘイトスピーチとは何か : 民族差別被害の救済
    日本評論社 2019 ISBN:9784535403529
more...
Lectures and oral presentations  (13):
  • 現代日本のヘイトスピーチ--「戦後75年」とコロナ禍の交錯
    (日本社会学理論学会2020年度研究例会(排除と分断をめぐる社会学) 2021)
  • 「(ポスト)コロナ時代」におけるリベラル・ナショナリズムの政策的含意--経済的再分配におけるマイノリティの包摂/排除をめぐって
    (第93回日本社会学会大会 2020)
  • 「差別否定」という言説--差別の正当化がもたらすもの
    (第6回議論学国際学術会議 2020)
  • ポリティカル・コレクトネス概念のイデオロギー的利用--PC論争からトランプへ
    (日本社会学会第90回大会 2017)
  • ヘイトスピーチ法の正当性を考える--「不平等な自由の侵害」という視点
    (応用哲学会第9回年次研究大会(シンポジウム:ヘイトスピーチと信頼) 2017)
more...
Education (3):
  • 2003 - 2010 東京大学大学院 博士課程(社会学)
  • 2000 - 2002 東京大学大学院 修士課程(社会学)
  • 1996 - 2000 The University of Tokyo
Professional career (1):
  • 修士(社会学) (東京大学)
Work history (28):
  • 2021/04 - 現在 Rikkyo University College of Social Relations Department of Communication and Media Studies
  • 2021/04 - 現在 Jissen Women's University
  • 2020/04 - 現在 Yokohama City University
  • 2020/04 - 現在 Tokyo University of Foreign Studies
  • 2018/09 - 現在 University of the Sacred Heart
Show all
Association Membership(s) (2):
JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  日本社会学理論学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page