Rchr
J-GLOBAL ID:201201061178010053   Update date: May. 14, 2024

AKEDO TAKAHIRO

AKEDO TAKAHIRO
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (10): マジョリティ-マイノリティ関係 ,  マイノリティ-マジョリティ関係 ,  ヘイトスピーチ ,  アメリカ研究 ,  社会思想 ,  外国人労働者 ,  イデオロギー ,  知識人 ,  多文化主義 ,  ナショナリズム
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2022 - 2025 「社会的危機」におけるナショナルな選別/管理--日本と韓国の社会学的比較研究
  • 2020 - 2024 原発事故被災者の移住・帰還・避難継続における新たな居住福祉に関する人間科学的研究
  • 2019 - 2022 Constructing New Citizenship Studies from the Perspective of the "Transnational Movement Rights" of Zainichi Koreans
Papers (10):
  • 国会議事録データを用いた「復興」言説の計量テキスト分析-- 福島原発事故から13年、「復興」をめぐる議論の構図はどう変化してきたか. 經濟學雑誌. 2023. 124. 1-2. 59-80
  • 明戸 隆浩, アケド タカヒロ. 分極化時代におけるイデオロギー研究の射程 : 政治意識の社会学のために. 応用社会学研究 = The journal of applied sociology. 2021. 63. 57-75
  • Takahiro Akedo, Kyongho Cho. Foreign-Policy Attitudes and Nationalism in the Post-Cold War Japan. 2020. 62. 69-85
  • 明戸 隆浩. Between Nationalism and Xenophobia : The Shift of "Conservative" Discourse in Japan since the 1990s. 社会学年誌 = The annuals of sociology. 2016. 57. 45-62
  • 明戸 隆浩. The Background and Process of the Deliberation of the Anti-Discrimination Bill in 2015 : The Situation of "the Absence of Legal Approach for Racial Discrimination" in Japan and its Change. 移民政策研究. 2016. 8. 182-192
more...
MISC (20):
  • 明戸 隆浩. 政治空間におけるヘイトスピーチ : なぜ選挙運動においてヘイトスピーチが禁止されなければならないのか-特集 政治・選挙と差別・ヘイト. ヒューマンライツ = Human rights / 部落解放・人権研究所 編. 2023. 420. 2-8
  • 明戸 隆浩. 水平社一〇〇年に想う(13)燕神社から見た風景. 部落解放 / 解放出版社 編. 2022. 819. 68-71
  • 明戸 隆浩. ネット上のヘイトスピーチの現状と課題 : 「二〇一六年」以後を考える-特集 ネット差別と法. 部落解放 / 解放出版社 編. 2021. 807. 12-20
  • トクシュウ 「 ヒョウゲン ノ ジユウ 」 トワ ナニ カ? : ゲイジュツ オ ツズケル タメ ノ アイデア ト ホウホウ ; ビジュツ オ ツズケル タメ ノ ディスカッション ト テイゲン. 2020. 72. 1081. 122-127
  • 吉野, 耕作, 明戸, 隆浩(訳). 日本における文化ナショナリズム: その変化と継続. 上智大学社会学論集. 2020. 44. 43-56
more...
Books (17):
  • テクノロジーと差別: ネットヘイトから「AIによる差別」まで
    解放出版社 2022 ISBN:4759268014
  • アンダーコロナの移民たち--日本社会の脆弱性があらわれた場所
    明石書店 2021 ISBN:4750352152
  • レイシズムを考える
    共和国 2021 ISBN:4907986386
  • アンチレイシスト・ベビー
    合同出版 2021 ISBN:9784772614481
  • AIと差別
    解放出版社 2020 ISBN:9784759267952
more...
Lectures and oral presentations  (14):
  • ナショナリズムと排外主義の関係をイデオロギー認知 の観点から再考する--『国際化と市民の政治参加に関する世論調査2021』の分析(4)
    (第95回日本社会学会大会 2022)
  • 現代日本のヘイトスピーチ--「戦後75年」とコロナ禍の交錯
    (日本社会学理論学会2020年度研究例会(排除と分断をめぐる社会学) 2021)
  • 「(ポスト)コロナ時代」におけるリベラル・ナショナリズムの政策的含意--経済的再分配におけるマイノリティの包摂/排除をめぐって
    (第93回日本社会学会大会 2020)
  • 「差別否定」という言説--差別の正当化がもたらすもの
    (第6回議論学国際学術会議 2020)
  • ポリティカル・コレクトネス概念のイデオロギー的利用--PC論争からトランプへ
    (日本社会学会第90回大会 2017)
more...
Education (3):
  • 2003 - 2010 東京大学大学院 人文社会系研究科 博士課程(社会学)
  • 2000 - 2002 東京大学大学院 人文社会系研究科 修士課程(社会学)
  • 1996 - 2000 The University of Tokyo Faculty of Letters
Professional career (1):
  • 修士(社会学) (東京大学)
Work history (31):
  • 2022/04 - 現在 大阪公立大学大学院 経済学研究科 准教授
  • 2022/04 - 現在 大阪公立大学 人権問題研究センター 兼任研究員
  • 2021/04 - 現在 Jissen Women's University
  • 2020/04 - 現在 Tokyo University of Foreign Studies
  • 2022/04 - 2023/03 Rikkyo University Institute for American Studies
Show all
Association Membership(s) (2):
JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY ,  日本社会学理論学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page