Rchr
J-GLOBAL ID:201201074249469626   Update date: Apr. 12, 2021

TADA Hirobumi

タダ ヒロブミ | TADA Hirobumi
Affiliation and department:
Other affiliations (3):
Homepage URL  (1): https://kaken.nii.ac.jp/ja/search/?kw=多田敬典
Research field  (7): Neuropathology ,  Cognitive neuroscience ,  Animals: biochemistry, physiology, behavioral science ,  Nutrition and health science ,  Neuroscience - general ,  Physiology ,  Neuroscience - general
Research keywords  (30): 行動薬理学 ,  食品科学 ,  神経薬理学 ,  環境生理 ,  糖代謝異常 ,  生活習慣病 ,  認知症 ,  分子神経内分泌学 ,  統合失調症 ,  海馬 ,  視床下部 ,  バレル皮質 ,  AMPA受容体 ,  Cofilin ,  養育環境 ,  アクチン ,  ユビキチンリガーゼ ,  シナプス ,  Fbxo45 ,  前頭葉 ,  aggression ,  性周期 ,  育児放棄 ,  うつ病 ,  精神神経疾患 ,  傍腫瘍性神経症候群 ,  包括脳ネットワーク ,  社会性 ,  性差 ,  ストレス
Research theme for competitive and other funds  (26):
  • 2020 - 2023 加齢性CORT概日リズム低下を介したアルツハイマー病増悪化誘導因子の探索
  • 2019 - 2022 新規1型糖尿病モデルを用いたアルツハイマー病態誘導メカニズムの解明
  • 2019 - 2022 精神疾患の病因解明を目指す、血中抗NMDA受容体抗体測定法の開発と測定
  • 2019 - 2022 シナプスエイジング分子メカニズム解明による認知症治療薬開発基盤の構築
  • 2017 - 2021 Analysis of synaptic insulin signaling in the hippocampus and prefrontal cortex in diabetes-associated cognitive impairment.
Show all
Papers (22):
more...
MISC (51):
Books (5):
  • 社会的認知機能における攻撃性制御の意義と分子機序の解明
    日本生理学会雑誌:AWARDS 2019
  • Biomedical Gerontology
    Japan Society for Biomedical Gerontology 2016
  • SEITAI NO KAGAKU
    2016
  • 辺縁系脳炎患者血清中に存在する高力価抗Sox Group B抗体の同定と評価
    慶應医学 2007
  • 新世紀の精神科治療、第6巻(認知の科学と臨床)
    中山書店 2003 ISBN:4521680410
Lectures and oral presentations  (32):
  • Age-related glucocorticoid endocrinological regulation involved in social cognitive function
    (AOCE-SICEM 2020 2020)
  • 精神神経疾患における攻撃性制御の意義と分子機序の解明
    (第163回日本獣医学会学術集会 日本比較薬理学・毒性学会シンポジウム 2020)
  • 加齢に伴うストレス内分泌変化が脳認知機能に及ぼす影響
    (第62回日本老年医学会学術集会「エイジングサイエンスフォーラム~最新老化研究から新しい健康概念へ」 2020)
  • 慢性ストレス環境に伴う社会的行動障害誘導機構の解明
    (第93回薬理学会年会 日本薬理学会・日本生理学会共催シンポジウム 2020)
  • 加齢・ストレスに伴うシナプス機能変化を介した認知機能障害進行メカニズムの解析
    (群馬大学第75回脳神経発達統御学セミナー 2020)
more...
Education (3):
  • 2003 - 2007 Keio University
  • 2001 - 2003 Keio University
  • 1997 - 2001 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences School of Pharmacy
Professional career (1):
  • 博士(医学) (慶應義塾大学)
Work history (11):
  • 2021/04 - 現在 国立長寿医療研究センター ジェロサイエンス研究センター 客員研究員(兼務)
  • 2021/04 - 現在 Shigakkan University Faculty of Wellness Department of Nutrition
  • 2019/12 - 現在 Tokyo University of Pharmacy and Life Sciences School of Pharmacy
  • 2018/01 - 現在 Yokohama City University
  • 2021/01 - 2021/03 国立長寿医療研究センター 老化機構研究部 客員研究員
Show all
Committee career (9):
  • 2020/09 - 現在 Frontiers in Aging Editorial Board (Review Editor)
  • 2019/12 - 現在 第44回日本基礎老化学会大会 プログラム委員
  • 2019/04 - 現在 Japan Society for Biomedical Gerontology Publicity and Website Committee
  • 2018/06 - 現在 Japan Society for Biomedical Gerontology Editorial Committee
  • 2020/04 - 2020/12 国立長寿医療研究センター 感染実験安全委員
Show all
Awards (4):
  • 2021/03 - 国立長寿医療研究センター 理事長奨励賞
  • 2019/03 - The Physiological Society of Japan 20th Promotion Award of the Physiological Society of Japan for Young Scientists
  • 2016/02 - 8th NAGOYA Global Retreat Best Presentation Award
  • 2004/04 - Japan Society for Promotion of Science Research Fellowships for Young Scientists
Association Membership(s) (9):
JAPAN SOCIETY FOR BIOMEDICAL GERONTOLOGY ,  THE JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOCIETY ,  Japan Society of Experimental Diabetes and Obesity ,  THE PHYSIOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  Japanese Society for Behavioral Neuroendocrinology ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR NEUROCHEMISTRY ,  THE MOLECULAR BIOLOGY SOCIETY OF JAPAN ,  Society for Neuroscience ,  THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page