Rchr
J-GLOBAL ID:201201075005820999   Update date: Jun. 09, 2020

Mitsunari Ishida

イシダ ミツナリ | Mitsunari Ishida
Affiliation and department:
Research field  (2): Money and finance ,  Public economics, labor economics
Research keywords  (13): 財政 ,  財政学 ,  地方財政論 ,  地方公務員給与 ,  汚職 ,  格付け ,  銀行等引受債 ,  市場公募債 ,  地方公務員制度 ,  政府間財政関係 ,  公的金融 ,  地方債 ,  地方財政
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2023 我が国の汚職に関する実証分析:効率賃金仮説に基いて
  • 2018 - 2022 「親族内承継か第三者によるM&Aか?:沖縄におけるファミリー企業の実地調査」
  • 2017 - 2020 地方債格付けの効果に関する実証分析:市場公募資金の低利・安定的な調達に向けて
  • 2015 - 2018 The analysis of Local government borrowing
  • 2014 - 2017 Empirical analysis on the interest rates of municipal borrowings from private financial institutions
Show all
Papers (17):
  • 米岡 秀眞, 石田 三成. 地方自治体における不祥事と職員給与の減額-公務員の労働インセンティブに着目して. 『日本経済研究』(日本経済研究センター). 2020. 78
  • 石田 三成, 當銘 めぐみ. 「地方公務員の汚職と給与の関係」. 『日本地方財政学会研究叢書(「地方創生」と地方における自治体の役割)』(日本地方財政学会). 2017. 24. 101-124
  • 石田 三成. 「銀行等引受債の金利スプレッドの低下と地域間格差」. 『金融財政事情』(金融財政事情研究会). 2016. 67. 4. 40-45
  • 石田 三成. 「地方公務員の給与削減に関する実証分析」. 『財政研究(協働社会における財政)』(日本財政学会). 2015. 11. 191-211
  • 石田 三成. 「北海道内市町村における銀行等引受債の金利に関する実証分析-地域金融機関による寡占の弊害と公的資金の役割の検証-」. 『財政研究(「社会保障・税一体改革」後の日本財政)』(日本財政学会). 2014. 10. 224-241
more...
MISC (7):
  • 石田 三成. 「地公体向け貸出市場における寡占と公的金融の対抗力の検証-全国市町村データを用いた分析-」. 『地方分権に関する基本問題についての調査研究会報告書・専門分科会』(財団法人自治総合センター). 2017. 102-179
  • 石田 三成. 「九州および沖縄地方の市町村における銀行等引受債の金利に関する実証分析」. 『地方分権に関する基本問題についての調査研究会報告書・専門分科会』(財団法人自治総合センター). 2016. 1-26
  • 石田 三成. 「銀行等引受債の金利に関する実証分析-地域金融機関による寡占の弊害と公的資金の役割の検証-」. 『地方分権に関する基本問題についての調査研究会報告書・専門分科会』(財団法人自治総合センター). 2014. 1-46
  • 石田 三成. 「地方交付税制度と超過課税のインセンティブ-ダイナミック・プロビットモデルによる推定-」. 『地方分権に関する基本問題についての調査研究会報告書・専門分科会』(財団法人自治総合センター). 2012. 1-32
  • 小林 航, 石田 三成. 「河川行政と政府間機能配分」. 『地方分権に関する基本問題についての調査研究会報告書・専門分科会』(財団法人自治総合センター). 2010. 1-38
more...
Books (2):
  • 『地方債の経済分析』
    有斐閣 2018 ISBN:4641165327
  • 『地方分権と財政調整制度-改革の国際的潮流』
    東京大学出版会 2006 ISBN:4130460927
Lectures and oral presentations  (13):
  • 「経済学的視点から考える国と地方の役割分担」
    (地方分権改革委員会 2017)
  • 「地公体向け貸出における寡占と公的金融の対抗力の検証ー全国市町村データを用いた分析ー」
    (日本財政学会 第73回大会 2016)
  • 「地方公務員の汚職と給与の関係」
    (日本地方財政学会 第24回大会 2016)
  • 「九州地方の市町村における銀行等引受債の金利に関する実証分析」
    (財政・公共経済ワークショップ 2016)
  • 「九州地方の市町村における銀行等引受債の金利に関する実証分析」
    (日本財政学会 第72回大会 2015)
more...
Education (3):
  • 2004 - 2011 The University of Tokyo the Doctor's Course in Studies of Contemporary Economy
  • 2001 - 2004 The University of Tokyo the Master's Course in Studies of Contemporary Economy
  • 1996 - 2000 Aoyama Gakuin University Department of Economics
Professional career (1):
  • Ph.D. in Economics (The University of Tokyo)
Work history (8):
  • 2020/04 - 現在 Toyo University Faculty of Economics Associate Professor
  • 2018/04 - 2020/03 University of the Ryukyus Faculty of Global and Regional Studies Associate Professor
  • 2015/04 - 2018/03 University of the Ryukyus Faculty of Law and Literature Associate Professor
  • 2012/04 - 2015/03 University of the Ryukyus Faculty of Law and Literature Lecturer
  • 2009/07 - 2012/03 Otaru University of Commerce Faculty of Commerce Academic Fellow
Show all
Awards (1):
  • 2016/05 - 日本地方財政学会 佐藤賞
Association Membership(s) (3):
JAPAN ASSOCIATION OF LOCAL PUBLIC FINANCE ,  JAPANESE ECONOMIC ASSOCIATION ,  THE JAPAN INSTITUTE OF PUBLIC FINANCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page