Rchr
J-GLOBAL ID:201201075169475567   Update date: Jun. 12, 2018

Teshigawara Minako

テシガワラ ミナコ | Teshigawara Minako
Research field  (1): Literature - European
Research keywords  (4): 世界文学・語圏横断 ,  20世紀以降のヨーロッパ文学 ,  文芸理論 ,  戦後ドイツ文学
Papers (6):
  • 「中立」とはなにか-ギュンター・グラス作『犬の年』についての一考察-. 桜門ドイツ文学会『リュンコイス』. 2009
  • 『カッサンドラ』に見られるクリスタ・ヴォルフの美学について. 日本大学法学部『桜門論叢 木村行広教授 古稀記念号』. 2008
  • ギュンター・グラスと贋作画家ローター・マルスカート-『女ねずみ』と1980年代のグラスについて-. 桜門ドイツ文学会『リュンコイス』. 2006. 40
  • 物語言説の時間とIch形式の語り-『ブリキの太鼓』について-. 日本大学独文研究室『ドイツ文学論集』岩村行雄教授古希記念号. 2001. 22
  • ギュンター・グラス作『ブリキの太鼓』における語りの技法について. 日本大学文理学部人文科学研究所『研究紀要』. 2000. 60
more...
MISC (1):
  • 勅使川原. 書評:依岡隆児著『ギュンター・グラス <渦中>の文学者』. 週刊読書人. 2013. 5-5
Books (3):
  • 『さあ、ドイツ語へ!」(増補改訂版)
    DTP出版 2014 ISBN:9784862115737
  • <過去の未来>と<未来の過去> 保坂一夫先生古稀記念論文集
    同学社 2013 ISBN:9784810202458
  • 『さあ、ドイツ語へ!』
    DTP出版 2009
Lectures and oral presentations  (7):
  • 世界文学の域に達する歴史を語る方法についてのプロローグ-ギュンター・グラスとミラン・クンデラの場合-
    (日本大学文理学部ドイツ文学科学術研究発表会 2014)
  • 『犬の年』におけるグラスの変調について
    (桜門ドイツ文学会 2010)
  • ギュンター・グラスの『玉ねぎの皮むき』について
    (桜門ドイツ文学会 2009)
  • 「自分の声で語ること」-クリスタ・ヴォルフの『カッサンドラ』について-
    (桜門ドイツ文学会 2008)
  • ギュンター・グラスの描く世界像と啓蒙主義
    (桜門ドイツ文学会 2007)
more...
Education (2):
  • 1997 - 1999 Nihon University German literature
  • 1996 - 1997 Nihon University German literature
Professional career (1):
  • 修士(文学) (日本大学大学院)
Work history (3):
  • 2015/04/01 - Nihon University Department of German Literature, College of Humanities and Sciences
  • 2012/04/01 - 2015/03/31 Nihon University Department of German Literature, College of Humanities and Sciences
  • Nihon University College of Humanities and Sciences, Department of German Literature Research Assistant
Committee career (2):
  • 2012/04/01 - 2014/03/22 桜門ドイツ文学会 理事、事務長、会計
  • 2003/04/01 - 2004/03/27 桜門ドイツ文学会 理事
Association Membership(s) (4):
日本独文学会 ,  桜門ドイツ文学会 ,  日本ドイツ語情報処理学会 ,  ゲーテ協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page