Rchr
J-GLOBAL ID:201201077565876860   Update date: Apr. 09, 2021

Yokoyama Narimasa

ヨコヤマ ナリマサ | Yokoyama Narimasa
Affiliation and department:
Research field  (1): Commerce
Research keywords  (2): マーケティング ,  流通
Papers (34):
  • 東伸一, 金雲鎬, 横山斉理. 事例内因果推論技法としての過程 追跡法の方法論的基礎とその流通 研究における可能性について. 青山経営論集. 2021. 55. 4. 79-98
  • Nobukazu Azuma, Narimasa Yokoyama, Woonho Kim. Application of Process-tracing Method toward the Theorisation of Retail Business Model. American Collegiate Retailing Association (ACRA) 2021 Conference Proceedings. 2021
  • Nobukazu Azuma, Narimasa Yokoyama, Woonho Kim. A Mixed-method Study on the Determinants of Different Levels of Customer Satisfaction with a 'Mini Supermarket' Multiple in a Spatially Small Urban Market Setting : A Concurrent Approach with fuzzy-set Qualitative Comparative Analysis (fsQCA) and Multi-variate Regression Analysis (MRA). 青山経営論集. 2020. 54. 4. 1-35
  • Nobuzazu Azuma, Narimasa Yokoyama, Woonho Kim. A Study on Grocery Retail Competition in the 'Small Spatial Market' Setting and the Determinants of Different Levels of Customer Satisfaction : A Fuzzy-set Qualitative Comparative Analysis(fsQCA)Approach. Aoyama business review. 2020. 42. 1-43
  • 横山斉理, 尾形真実哉. マルチレベル分析を用いた店頭従業員の能力獲得に関する実証研究. 組織科学. 2018. 51. 3. 69-86
more...
MISC (3):
  • 横山斉理. チェーン小売企業の実証分析におけるマルチレベル分析の適用~一般線形モデル(GLM)と階層線形モデル(HLM)の比較~. 日本マーケティング学会マーケティングカンファレンス2014プロシーディングス. 2014. 207-209
  • 横山斉理. 地域商業における商人家族と事業継承. 中小商工業研究. 2014. 121. 17-28
  • 横山斉理, 尾形真実哉. 食品スーパーの競争優位の源泉としての店頭~店舗従業員の組織行動に関する経験的研究~. 日本マーケティング学会マーケティングカンファレンス2013プロシーディングス. 2013. 137-140
Books (12):
  • ベーシック・マーケティング
    同文舘出版 2019 ISBN:9784495643720
  • ボーダーレス化する食
    創成社 2019 ISBN:9784794425454
  • 1からのデジタル・マーケティング
    碩学舎,中央経済グループパブリッシング (発売) 2019 ISBN:9784502289910
  • 小売構造ダイナミクス : 消費市場の多様性と小売競争
    有斐閣 2019 ISBN:9784641165441
  • 1からの流通論[第2版]
    碩学舎,中央経済社 (発売) 2018 ISBN:9784502283611
more...
Lectures and oral presentations  (28):
  • ユニクロの安定成長はいかに実現したか? :過程追跡(Process-Tracing Method)を用いた 因果メカニズムの考察
    (日本商業学会関東部会11月例会 2020)
  • 経営現象の因果関係を探る新たな方法論:fsQCA-fsQCA(質的比較分析)を用いたスーパーの顧客満足の規定要因の研究-
    (日本マーケティング学会マーケティングカンファレンス2018 2018)
  • 流通・マーケティング研究領域におけるfsQCAの活用例
    (日本商業学会「マーケティング夏の学校」 2018)
  • 流通・マーケティング研究における質的比較分析(QCA)の適用可能性について
    (日本商業学会関東部会9月例会 2016)
  • 食品スーパーの顧客満足の規定要因:MRAとfsQCAを用いた検討
    (日本消費者行動研究学会 2016)
more...
Professional career (1):
  • Doctor of Commercial Science (Kobe University)
Committee career (3):
  • 2021/04 - 現在 日本マーケティング学会 理事
  • 2019/05 - 現在 日本商業学会 『JSMDレビュー』編集委員
  • 2017/04 - 現在 日本マーケティング学会 『マーケティングジャーナル』アソシエイトエディター
Association Membership(s) (8):
American Collegiate Retailing Association (ACRA) ,  Japan Marketing Academy ,  日本広告学会 ,  日本商品学会 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR CONSUMER STUDIES ,  Society of Asian Retailing and Distribution ,  組織学会 ,  日本商業学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page