Rchr
J-GLOBAL ID:201201098606611882   Update date: Aug. 31, 2020

Kawahata hirohisa

Kawahata hirohisa
Research field  (1): Experimental pathology
Research keywords  (5): 転写因子 ,  サイトカイン ,  炎症 ,  マクロファージ ,  NFkB
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2018 - 2021 廃用性関節拘縮におけるRA系の役割:高齢者ADL維持への新戦略
  • 2014 - 2017 軟骨局所RA系の役割と意義:高血圧と軟骨変性疾患の相関分子メカニズム
  • 2012 - 2015 転写因子HIF-1を軸とした関節拘縮分子メカニズムの解明:新規分子治療製剤開発
  • 2011 - 2014 骨リモデリングにおけるRA系関与機構とARB骨保護作用:老年者高血圧治療の新概念
  • 2010 - 2013 鍼灸刺激の転写因子NFkBを介する局所炎症・免疫機転への分子メカニズムの解明
Papers (30):
more...
MISC (30):
Books (8):
  • はり師きゅう師国家試験過去問題+要点テキスト〈2017年版〉
    久美 2016 ISBN:4861892686
  • 柔道整復師国家試験過去問題+要点テキスト〈2017年版〉
    久美 2016 ISBN:4861892678
  • セラピストのための解剖生理学の教科書
    ナツメ社 2015 ISBN:4816359249
  • はり師きゅう師国家試験過去問題+要点テキスト〈2016年版〉
    久美 2015 ISBN:486189249X
  • 柔道整復師国家試験過去問題+要点テキスト〈2016年版〉
    久美 2015 ISBN:4861892481
more...
Lectures and oral presentations  (51):
  • 骨折修復過程を組織・細胞でとらえる.
    (第28回日本柔道整復接骨医学会学術大会 2019)
  • Effect of angiotensin II on metabolism of chondrocytes and degeneration of articular cartilage in osteoarthritis.
    (Premium Hypertension Conference 2018 2018)
  • アンジオテンシンIIは変形性関節症における関節軟骨変性を増悪させる
    (第18回日本抗加齢医学会総会 2018)
  • 滑膜組織の循環障害は関節拘縮の病態を進展させる
    (第26回日本柔道整復接骨医学会 2017)
  • レニン-アンギオテンシン(RA)系は変形性関節症における関節軟骨変性を増悪させる
    (第26回日本柔道整復接骨医学会 2017)
more...
Work history (2):
  • 2010 - 現在 Morinomiya University of Medical Sciences
  • 1996/04 - 2010/03 大阪大学医学部(現 大阪大学大学院医学系研究科 病理学教室
Association Membership(s) (2):
THE JAPAN GERIATRICS SOCIETY ,  Japanese Society of Anti-Aging Medicine
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page