Rchr
J-GLOBAL ID:201201099317768125   Update date: May. 18, 2021

DAN MORITA

モリタ ダン | DAN MORITA
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (3): Philosophy and ethics ,  Aesthetics and art studies ,  History of thought
Research keywords  (11): ヴァルター・ベンヤミン ,  マルティン・ハイデガー ,  ルートヴィヒ・クラーゲス ,  エルンスト・ブロッホ ,  ジークムント・フロイト ,  フランツ・ローゼンツヴァイク ,  歴史哲学 ,  美学 ,  芸術哲学 ,  言語哲学 ,  神話の哲学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2017 - 2021 ヴァルター・ベンヤミンの歴史哲学の総合的研究
  • 2013 - 2017 Walter Benjamin's Philosophy of History and its connection to the subject in German
  • 2009 - 2011 "Rausch" and Technique-Literature and Arts in the German-speaking Countries around the Fin de Siecle
Papers (19):
  • 森田 團. 『救済の星』における性格概念:ローゼンツヴァイクによる人間概念の再解釈. 『レヴィナス研究』. 2020. 2
  • 森田 團. まなざしの原史:ベンヤミン『ベルリンの幼年時代』の「回廊」をめぐって. 形象. 2019. 4. 32-51
  • 非-伝達可能性の象徴としての言語:ベンヤミンの言語哲学における記号への問い. 『思想』、7月号. 2018. 1131
  • 罪のしるしとしての現存在:『存在と時間』における言語の根拠への問い. Zuspiel. 2017. 1. 178-191
  • 純粋言語への志向:ベンヤミン「翻訳者の課題」における言語の概念. 九州大学哲学論文集. 2015. 51. 41-59
more...
MISC (12):
  • 森田 團. フリードリヒ・ゲオルク・ユンガー著(今井敦・桐原隆弘・中島邦雄訳)『技術の完成』. 『九州ドイツ文学』. 2019. 33
  • 柿木伸之『ベンヤミンの言語哲学:翻訳としての言語、想起からの歴史』(平凡社)書評. 『週間読書人』. 2014. 2014年12月5日
  • 小黒康正著『水の女:トポスへの航路』. 『九州ドイツ文学』. 2013. 第27. 51-55
  • 手紙を通して紡がれた思考:文献学・神話・哲学をめぐって. 『ベンヤミン/アドルノ往復書簡』(上・下). 2013. 下巻:252-267
  • フロイトとイメージの問題. 『出版ニュース』(2013年6月上旬号). 2013. 21-21
more...
Books (1):
  • 『ベンヤミン:媒質の哲学』
    水声社 2011
Lectures and oral presentations  (41):
  • 廃墟としての文字--ベンヤミンにおけるイメージの問題の一側面
    (第15回形象論研究会「ヴァルター・ベンヤミン--闇を歩く批評」 2020)
  • 瞬間・反転・啓示--ローゼンツヴァイク『救済の星』における性格の概念
    (レヴィナス協会第2回大会 シンポジウム「レヴィナスとローゼンツヴァイク 歴史と物語をめぐって」(同志社大学) 2019)
  • Between Empirical and Philosophical Aesthetics: Form, Emotions and Aesthetic Cognition
    (Humboldt-kolleg 2019, Tokio: Neuronale Geisteswissenschaften und empirische Ästhetik 2019)
  • 触覚の概念をめぐって:ベンヤミンとリーグル
    (シンポジウム「東方キリスト教との出会い」 2019)
  • 純粋な言葉としての記号:ヘルダーリンと悲劇的実存
    (早稲田大学哲学会 2018)
more...
Works (1):
  • 終末のヴィジョンと馬--タル・ベーラ『ニーチェの馬』をめぐって
    2012 -
Education (4):
  • 2000 - 2009 東京大学大学院 地域文化研究専攻 博士課程
  • 1998 - 2000 The University of Tokyo
  • 1994 - 1998 The University of Tokyo 教養学科第二(ドイツの文化と社会)
  • 1987 - 1991 Doshisha University 文化学科美学及び芸術学専攻
Professional career (2):
  • 修士(学術) (東京大学)
  • 博士(学術) (東京大学)
Work history (4):
  • 2020/04 - 現在 Doshisha University Faculty of Letters Department of Aesthetics and Theory of Arts
  • 2018/04 - 2020/03 Seinan Gakuin University Department of International Studies Division of International Culture
  • 2011/10 - 2018/03 Seinan Gakuin University Department of International Studies Division of International Culture
  • 2010/04 - 2011/09 Seinan Gakuin University Department of International Studies Division of International Culture
Association Membership(s) (5):
美学会 ,  西日本哲学会 ,  日本独文学会 ,  日本哲学会 ,  日本ドイツ学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page