Proj
J-GLOBAL ID:201204000501012054  Research Project code:6707 Update date:Oct. 07, 2013

スタンポレーション法を用いたヒトBMP2発現ベクターによる骨誘導に関する研究

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
(研究主題概略)ナノ加工技術を用いて遺伝子導入の新たなディバイスを作製し、それを骨再生に応用する。(研究目的)ヒト骨形成因子(BMP)を蛋白として直接使用するのではなくプラスミドベクターを介して宿主自身の細胞にBMPを作らせるという画期的な方法を考案した。本法を用いた骨再生医療への応用の可能性を検討する。ナノ加工技術で作製された超微細針を用いてBMP遺伝子導入を行う。本研究は今までBMPを蛋白質として使用するという手法に固執していた概念を打ち破るものであると考えられる。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page