Proj
J-GLOBAL ID:201204001078786460  Research Project code:8885 Update date:Oct. 07, 2013

再石灰化促進作用を有する歯科材料の開発-虫歯修復材の耐久性向上を目指して-

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
近年、虫歯などの歯の硬組織欠損を歯科修復材料で再建を行い、歯を保存しようとする歯科保存修復学の分野の歯科臨床において、接着性修復物が、より頻繁に使用されている。しかしながら、接着修復物の脱落、修復物周囲の2次的な虫歯ができるなど長期的な耐久性には、まだまだ改善すべき点が多い。そこで、接着性修復物に含まれるフィラーに着目し、象牙質再石灰化誘導活性を有するフィラーを開発することにより、歯科修復材料の耐久性を向上させることができる。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page