Proj
J-GLOBAL ID:201204002996707382  Research Project code:5821 Update date:Oct. 07, 2013

効率的縮合反応による疎水化技術の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
代表研究者は、長鎖脂肪酸に対する直接的エステル化やアミド化反応において、塩化第二鉄六水和物に代表される金属塩が非常に有用な触媒であることを見出しており、クリーンなプロセスへの転換が期待される技術として研究を行っている。本研究課題としては、親水性化合物に対して長鎖脂肪酸や長鎖アルコールを導入する疎水化に焦点を絞り、本技術を応用した新しい合成手法の提案を目指す。また同時に、芳香族溶媒を使用しない環境負担性を低減した合成プロセスの開発を目的とする。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page