Proj
J-GLOBAL ID:201204003131553670  Research Project code:8861 Update date:Oct. 07, 2013

耐熱性及びリサイクル性を有する新規バイオプラスチックスの開発と応用

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
シルク成形体は、シルク繊維のガラス転移温度が175°Cであることから、ポリ乳酸にはない耐熱性を有する可能性がある。そこで、シルク成形体のガラス転移温度の測定により耐熱性を評価する他、竹繊維が配列したシルク成形体を作製し、一層の耐熱性の向上を図る。また、耐熱性と機械的特性を維持しながら、経済性とカーボンニュートラル社会構築の観点からそのリサイクルの可能性について調査する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page