Proj
J-GLOBAL ID:201204003334643038  Research Project code:7478 Update date:Oct. 07, 2013

内円筒にリブを有するテイラー渦流による混相流連続反応装置の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
テイラー渦流は独特な流動・混合特性により化学反応装置への応用が期待されてきたが、渦外縁部に存在するバイパス流れが装置内の逆混合の原因となり、反応性能を著しく落とすことで、実用化の道を阻んできた。近年内円筒に凹凸をつけることでバイパス流れを抑制することができることが明らかにされた。また、これまでの研究により微粒子の大きさにより渦内の存在位置が異なることを見出した。これら2つの特徴を組み合わせて、ある粒子径の固定化酵素や固体触媒は渦内にトラップさせ、反応液のみが軸方向に移動する理想的な混合特性をもち、粒子と反応液との分離操作が不要となる革新的な混相流連続反応装置の開発を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page