Proj
J-GLOBAL ID:201204004398804570  Research Project code:4734 Update date:Oct. 07, 2013

フロー反応システムによる実用的C-Hホウ素化反応の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
医農薬や機能性材料として有用なビアリール誘導体製造原料である芳香族ホウ酸誘導体の実用的合成法が求められている。C-Hホウ素化反応は高い原子効率、安全性から有用であるが、希少金属であるイリジウムを触媒として用いるため、工業化に問題を残していた。本研究では我々が開発した固体イリジウム触媒開発技術を発展させ、フロー反応系に組み込み、触媒を損なうこと無く芳香族ホウ酸誘導体の連続合成システムを開発する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page