Proj
J-GLOBAL ID:201204005629065160  Research Project code:10679 Update date:Oct. 07, 2013

多次元センサー情報に基づく工場・ビル分野の環境負荷低減戦略に関する研究

Study period:2008 - 2011
Organization (2):
Investigating Researcher (2):
Research overview:
工場・ビル分野を対象とした従来のエネルギー消費機器の電力計測に基づく省エネルギー化に、製造設備の稼働情報と人物の動態情報を付加することにより、エネルギー消費状況の詳細な分析と可視化を実現し、省エネルギー性能の向上を図る。日本側は(a)製造設備の稼働情報と人物の動態情報を収集するための共通的インフラの整備、(b)製造設備の稼働状態と人物の動態状況の分析アルゴリズム、(c)工場の製造ラインと事務所を対象とした省エネルギー実証試験を実施。中国側は、日本側が提供するインフラを利用し、(a)大学の建物のエネルギー消費モデルの構築と消費状況の分析、(b)省エネルギー化を実現する戦略策定とその有効性のシミュレーション評価、(c)動戦略の有効性検証のためのキャンパスでの実証試験、(d)中国の製造ラインのモデル化と省エネルギー制御方式の研究と成果の中国国内への展開を実施。
Research program: 戦略的国際科学技術協力推進事業
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page