Proj
J-GLOBAL ID:201204006596145771  Research Project code:7180 Update date:Oct. 07, 2013

振動破損事故の防止に役立つ非ガウス型ランダム振動試験機の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
貨物輸送時の振動や機械振動などに起因する破損事故を未然に防ぐためには、振動耐久性評価精度を向上する必要がある。しかし現在のランダム振動では、確率分布はガウス型でありフィールド振動のピーク加速度と大きな差異がある。本研究では、周波数特性から逆フーリエ変換により時刻歴を作成する際、ある工夫を施すことにより、非ガウス型ランダム振動の生成プロセスを構築する。さらに本手法を「蓄積疲労振動試験システム」へ導入するため新蓄積疲労評価指標を考案する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page