Proj
J-GLOBAL ID:201204007722320408  Research Project code:9393 Update date:Oct. 07, 2013

未知の不正アクセス自動検出のための通信内容類似性評価技術の試験研究

Study period:2005 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
悪意を持つインターネット利用者であるハッカーが新たに作成した自己増殖型ウイルスを検出するための通信内容類似性評価技術の検証試験を行う。自己増殖型ウイルスは、感染を試みる際、自分自身のコピーを不特定多数のコンピュータに多数送信する通信特性を有している。そのような確信を正確かつ自動的に検出するために、申請者らは、通信内容の文字列の出現確率や遷移確率などに対しクラスタリング技術を応用した通信内容類似性評価技術と、自己増殖型ウイルスと類似した通信特性を有するウイルス以外の正常通信を弁別する技術を提案している。その
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page