Proj
J-GLOBAL ID:201204008205965535  Research Project code:4732 Update date:Oct. 07, 2013

スプライシング阻害による新規抗癌作用メカニズムの解明と新規抗癌剤スクリーニング用アッセイ系の構築

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
癌ではc-myc遺伝子の発現増大とともに種々の遺伝子のスプライシング変異が多く起こっている。つまりこの両方を分子標的にすることにより特異性が高く副作用の少ない癌治療薬剤が開発できる。本研究ではc-myc遺伝子の転写抑制と遺伝子のスプライシングの双方に関与しているFIR(FBP Interacting Repressor)とその遺伝子産物の機能解析を行い両者の抗がん剤スクリーニング用アッセイ系の確立も目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page