Proj
J-GLOBAL ID:201204008682247571  Research Project code:9032 Update date:Oct. 07, 2013

木質由来導電性メソ孔炭素の電気二重層キャパシタ電極特性

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
鉄塩を水溶液含浸した木材を800-850°Cで炭化し、高導電性で直径4nmのメソ孔に富む木炭を製造した後水蒸気賦活、微粉化、酸洗浄して電気二重層キャパシター(DELC)電極としての特性を調査する。これらの結果から、導電性、4nmメソ孔の存在、比表面積等がDELC特性に及ぼす影響を明らかにし、通常の活性炭を用いるDELC電極との性能比較を行って上記の木炭由来DELC炭素電極の実用化可能性を検討する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page