Proj
J-GLOBAL ID:201204009137105103  Research Project code:8913 Update date:Oct. 07, 2013

液中グロー放電による植物由来プラスチック製造用触媒塩化クロムナノ粒子の開発

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
バイオマス原料をプラスチック素材へ転換する高効率触媒として機能するクロム塩化物ナノ粒子を作り、その効果を検証する。具体的には、北海道大学で新たに開発された手法を基礎にクロムナノ粒子を創り、粒子表面を塩化クロム(II)にした後しょ糖液に加え、グルコースとフルクトース量の変化および生成されるヒドロキシメチルフルフラル(HMF)の収量を測る。従来からの石油化学工程につなげることが可能な現実的バイオマス利用を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page