Proj
J-GLOBAL ID:201204011403614188  Research Project code:8714 Update date:Oct. 07, 2013

耐量子計算機暗号の高速実装に関する研究

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
代数曲面暗号は、他の耐量子計算機暗号と比較して鍵サイズを削減できるが、処理において計算時間とメモリを多く必要とする多項式因数分解や多元線形方程式の解が必要となるため、高速実装が重要である。代数曲面暗号の実用化に向けPCやユビキタスデバイス(MICAzやIMOTE)への代数曲面暗号の高速実装手法を確立し、従来の公開鍵暗号との処理速度、メモリの使用量の比較分析を行う。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page