Proj
J-GLOBAL ID:201204013317216601  Research Project code:8909 Update date:Oct. 07, 2013

ハスカップ苦味成分ロガニンの解析と未利用資源「葉」の有効利用

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
ハスカップの果実には苦味を呈するものがあり、利用上の問題となっている。苦味成分ロガニンはイリドイド配糖体であり、健胃、血圧降下、抗菌性などの効果をもつ生薬として利用されている。そこで、ロガニンの供給原料としてこれまで未利用の部位(葉)に着目し、ロガニン含量の高い系統の選抜、ロガニン含量の季節変動の解析を進める計画である。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page