Proj
J-GLOBAL ID:201204013510887556  Research Project code:8774 Update date:Oct. 07, 2013

スルメイカ内臓の酵素を利用した水産残渣からのペプチド生産

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
水産加工残渣には未利用有用成分を含んでいる。本研究では、イカの肝臓の強いプロテアーゼを水産残渣に付着、残存しているタンパク質成分に作用させ、有用ポリペプチドを製造することを目的とする。現在、蓄肉由来のタンパク成分の食品への添加が敬遠されており、安全・安心な水産物由来のポリペプチドの利用が期待されており、北海道はその生産基地として、有利な点が多く、実用化に最も近い地域である。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page