Proj
J-GLOBAL ID:201204016603132988  Research Project code:5491 Update date:Oct. 07, 2013

選択的ALR2阻害に基づく副作用発現の少ない抗がん剤の開発とその評価

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
既存抗がん剤の多くは、がん細胞だけでなく正常細胞にまで障害を与えていることが多く、好中球や赤血球を始めとする血球細胞の減少を引き起こし、治療の継続を妨げる要因にもなっている。本研究で注目するALR2は、正常細胞での発現は少なく、細胞のガン化に伴って発現量が増加する。従って、その阻害剤は正常細胞に障害を与えることなく、がん細胞の増殖を抑制できる点で優位性がある。申請者は既にALR2阻害作用を有する新規三環系化合物を見出しており、本課題ではこれら新規化合物の更なる構造修飾を行い、阻害活性および選択性の向上と各種がん細胞に対する感受性を調べ、次世代型抗がん剤の開発を目指す。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page