Proj
J-GLOBAL ID:201204017983746998  Research Project code:4454 Update date:Oct. 07, 2013

カソード界面用新規導電性ポリマー材料の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
高分子系の発光や光電変換素子を実用化するためには、素子の安定化、長寿命化、高効率化が必須でそのための優れたカソード界面バッファー層材料の開発が必要である。本研究では発光層とカソード電極間にスピンコート法等で被膜導入でき、発光性共役系高分子への効率のよい電子注入・輸送と素子安定化を実現する新しいカソード界面用新規導電性ポリマー材料を開発する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page