Proj
J-GLOBAL ID:201204018144468911  Research Project code:7865 Update date:Oct. 07, 2013

特異的プロモータを用いた肺腺癌に対する新規治療型ベクターの開発

Study period:2007 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
我々は、肺癌特異的に目的遺伝子を発現できるシステムを開発 (Fukazawa et al. Cancer Res. 2004 64(1):363-369)し、肺癌治療ベクター;Ad-TTS/BAXを作製し当該ベクターが、正常組織障害せず肺腺癌特異的に細胞死を誘導できることを明らかにした (Fukazawa T Matsuoka J et al. Mol Cancer Ther. 2007 6(1): 244-252)。特定抗癌剤が当該ベクターの抗腫瘍効果を増強させることが期待できるため、本研究にてこれらの併用効果の検討を行う。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page