Proj
J-GLOBAL ID:201204021205335805  Research Project code:9261 Update date:Oct. 07, 2013

スズ合金薄膜負極/集電体一体化技術を用いるリチウム二次電池の高性能化

Study period:2008 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
リチウム二次電池の利用分野は、各種携帯用機器に留まらず、電動工具、系統連系用、もしくは車載用へと広がりつつあるが、機器側の要求を十分に満たすに至っておらず、さらなる高容量化が求められている。ここ数年、従来の黒鉛系負極と比べ、さらなる高容量化が可能なスズ合金が注目されている。しかし、充電(Li吸蔵)-放電(Li放出)時の体積膨張・収縮により、スズ合金にクラックが生成するため、集電体との間に電気的接触不良が発生し、サイクル特性の劣化を引き起こすという問題を有している。そこで本研究では、リチウム二次電池用負極の高性能化を目指し、スズ合金薄膜負極/集電体一体化技術を研究開発する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page