Proj
J-GLOBAL ID:201204022437594552  Research Project code:6711 Update date:Oct. 07, 2013

放射線照射により活性化されるプロドラッグ抗がん剤の開発

Study period:2009 - 継続中
Organization (1):
Investigating Researcher (1):
Research overview:
本研究では、化学放射線療法に適応可能で、かつ副作用の軽い放射線還元活性化型プロドラッグを開発する。このプロドラッグは単に投与されただけでは何ら薬効を示さないが、放射線を照射すると照射した部位でのみ活性化され、薬効を発現する。具体的には、抗がん活性を示す薬剤に置換基を導入することで不活性化(プロドラッグ化)する一方で、放射線照射により元の活性な構造に戻る機能性分子(プロドラッグ)を合成し、薬剤としての機能を評価する。従来までに見出した各種放射線分解型置換基を活用して、効果的に薬効を発現するインテリジェントプロドラッグを創製する。
Research program: シーズ発掘試験
Ministry with control over the research :
文部科学省
Organization with control over the research:
独立行政法人科学技術振興機構
Parent Research Project (1):

Return to Previous Page